取材

ピレネー山脈の小国アンドラ公国で深い雪に覆われた標高2408mの峠を自転車で越えたら、ホームステイとテレビインタビューが待ってました


皆様、アンドラ公国をご存知でしょうか?フランスとスペインの国境を隔てるピレネー山脈の山中にある人口7万人のミニ国家です。公共バスの利用が一般的ですが自転車でもいけます。その一部始終を紹介いたします。
アンドラ公国はここにあります。

大きな地図で見る

フランス南部からピレネー山脈を目指します。この日は林にテントを張りました。空は曇っていましたが、雨は降る事無く穏やかな一日でした。


そして翌日は天気が悪い。


今までで一番の雪の中の走行でした。路面がしまっていたら車の轍の上が走れるのですが、雪だまりがあると足を取られます。交通量の少ない道なのが幸いです。


この位の雪が積もってました。これじゃ、休憩できません。


峠の後は慎重に慎重に下りました。そして麓のAx-les-Thermesという街へ辿り着きました。自転車はこんな状態に。まだまだ雪は降っているので、屋根のある所で休むしかありません。


ここからが本線で、アンドラへの標識が見えます。


雪はやみそうにありませんでした。


こんな日も自炊しているチャリダーマンは……


翌朝、やはりテントで丸くなっていました。そして確認しないといけません。


愛車が無事であるかどうかと。霜や雪の経験はあるのですが、車輪のスポークに氷がついたのは初めてでした。そして……


バナナで釘を打てるかどうか?良く聞くじゃないですか。ですので前日に埋めてみたのですが、寒さが足りないのか鮮度のいいバナナになっただけでした。バナナは美味しく頂きました。朝から元気です。


一面の雪の中、朝陽が待ち遠しくて仕方ありません。


そして峠越えが始まります。この日も雪ならば電車で移動するしかないと諦める寸前でした。

しかし天気も良くて、除雪は完璧で行くしかありません。


こんな雪の中でも牛は放牧されているんですね。


除雪車とすれ違いました。たのもしい限りです。


自転車は駆け上がっていきます。


天気にも恵まれ壮大な景色に圧倒されぱなしでした。




車も行き交っているんですが、クラクションやらブラボーやら盛大に応援されます。どんなに坂がきつくても、声援の追い風は嬉しかったです。自転車レースのツール・ド・フランスに出ているみたいでした。


そしてアンドラ公国に入りました。pas de la casaという街に入るのですが観光客で賑わっています。


周りは一面の山しかないのに商業地だけが密集していて奇妙です。マクドナルドの看板も見えますね。


スキー場があり、たくさんのスキー客が滑っていました。反対に上っているのは自分ぐらいです。


雪も深くなって来て……


標高2408メートル、ここが峠のてっぺんでした。よく出来ました。


この後は軽快にダウンヒルのつもりでしたが、せっかく上ったのに全然楽しくありません。風と寒さが辛く、指先が痛くて、ブレーキを握るのもおぼつかない状態です。少し進んでは魔法瓶のお湯で解凍したりしてました。寒さのダウンヒルを甘く見てはいけません。「これ以上は無理だ」と途中でテントを張る事にしました。

そうしていると「大丈夫か?」と声がかかります。「坂を上っている時に、ようこそと言ったの分かった?」と聞かれます。数々の声を振り返ると確かにありました。彼は日本に滞在した経験があるらしく、いろいろ話していると「だったら家に来ればいい」と彼の家でお世話になる事になりました。彼はチリ人でした。


彼はスキーのインストラクターをやっていました。「北半球の冬はヨーロッパでスキーを滑って、南半球の冬はチリでスキーを滑って、それを8年位繰り返していたよ」と、どれだけスキーが好きなんでしょう。「日本でもスキー場で滑っていた」という話で、「ワイフもインストラクターをやっているんだ」と話してくれました。子供が生まれてからは落ち着いて、家族はドイツに居るそうです。最近、スキーのシーズンが幕開けとなって仕事に忙しい中でお世話になりました。好きな事を追求している生き方は、何より刺激的でした。


Ordinoという街でお世話になったのですが、ここも山ばかりです。


そしてスペインに向けて走っていたら、テレビ局に捕まりました。


こちらがインタビューになります。いっぱいいっぱいです。

YouTube - チャリダーマンがアンドラ公国でテレビインタビューを受ける


スペイン人買物客で賑わっているスペイン側のアンドラ国境。アンドラは消費税が低く安く色んなものが手に入ります。自分も自転車パーツを手に入れました。


国境まで続く渋滞。


そしてスペインに入ります。


(文・写真:周藤卓也@チャリダーマン
自転車世界一周取材中 http://shuutak.com

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
目標100カ国100,000kmの自転車世界一周、これまでの52カ国65,000kmで撮影した美麗な光景の写真集- GIGAZINE

in 取材,   動画, Posted by darkhorse

You can read the machine translated English article here.