マクドナルド「Big America(ビッグアメリカ)2」第2弾、ハッシュポテトが大胆に挟まれた「アイダホバーガー」試食レビュー


第1弾の「テキサス2バーガー」に続き、「Big America(ビッグアメリカ)2」キャンペーン第2弾「アイダホバーガー」の試食レビューをお送りします。販売期間は2011年1月下旬~2月中旬(予定)とのこと。普通ならサイドメニューとして出されるハッシュポテトが食材の目玉となっています。

ハンバーガーとハッシュポテトを一緒に食べることはあまり珍しくないと思いますが、「ハンバーガーの中にハッシュポテトが挟まっているもの」を食べたことがある人はあまりいないのではないでしょうか。ベーコンやフレッシュオニオンにチーズといったほかの食材にマスタードとペッパーソースが仕込まれているようですが、果たしてどのような味になっているのか気になるところです。

「アイダホバーガー」試食レビューは以下から。次は第2弾「アイダホバーガー」。販売期間は2011年1月下旬~2月中旬(予定)。


特徴は「ポテトとビーフがハンバーガーの中で出会った」だそうです。


見た目はこんな感じ。さっきの「テキサス2バーガー」と比べるとバンズは2枚なので一回り小さく感じます。


バンズを裏返すとこんな風。ベーコンとフレッシュオニオンとマスタードが見えます。


これがハッシュポテト。モスバーガーの「塩バターチキンバーガー ペッパー風味」にもポテトのかきあげが入っていましたが、2011年はポテトをサイドメニューではなくバーガーの具材として使うのがはやったりするのでしょうか。


1/4ポンドビーフパティ(通常のビーフパティの約2.5倍)はやはり圧倒的な大きさ。


ビーフパティの裏にはべっとりとチーズが貼り付いています。


底のバンズに塗ってあるのがペッパーソース。


ハッシュポテトが一口目でかなり強烈な存在感を見せつけます。サクサクとした食感で、ビーフパティにも負けず強く存在を主張してきます。それがベーコンやチーズにフレッシュオニオンといった食材と絡み合い、オニオンを仕込んであるバンズがすべてをまとめ上げています。


粒マスタードとコクのあるペッパーソースのおかげで、しつこさはあまり感じずどんどん食べ進められます。マクドナルドのハッシュポテトが好きな人なら、かなり好みの味かもしれません。

次はタコスの具が詰まった「マイアミバーガー」に取りかかります。

・つづき
マクドナルド「Big America(ビッグアメリカ)2」第3弾、タコスの具材が詰まった「マイアミバーガー」試食レビュー - GIGAZINE

・関連記事
マクドナルド、本場アメリカンテイストを楽しめる4種類のハンバーガーを発売へ、第1弾は「テキサスバーガー」 - GIGAZINE

「マクドナルドを生んだアメリカ」をイメージしたマクドナルド「ビッグアメリカ」4種類試食レビュー カリフォルニア編 - GIGAZINE

「マクドナルドを生んだアメリカ」をイメージしたマクドナルド「ビッグアメリカ」4種類試食レビュー テキサス編 - GIGAZINE

「マクドナルドを生んだアメリカ」をイメージしたマクドナルド「ビッグアメリカ」4種類試食レビュー ハワイ編 - GIGAZINE

「マクドナルドを生んだアメリカ」をイメージしたマクドナルド「ビッグアメリカ」4種類試食レビュー ニューヨーク編 - GIGAZINE

0

in 取材,   試食, Posted by darkhorse_log