脳波によって意思伝達を行う「ニューロコミュニケーター」が今夏製品化へ

by ThisIsIt2

我々は自分の意思を伝えるのに言葉や文字を使いますが、自由に言葉や文字が使えない人はなかなかスムーズに意思を伝えることができません。もちろん、そのような人のサポートのために色々な手段が用意されてはいますが、操作性に難があったり、装置が大がかりで高価だったりすることがあります。

独立行政法人産業技術研究所(産総研)では、これを解消すべく、脳波を用いて脳内の意思を解読し、意思伝達を行う「ニューロコミュニケーター」を開発しました。これ自体は2010年春に完成しており、2013年に発売される予定となっていましたが、早く利用したいという問い合わせが相次いだことから、計画を繰り上げ、2011年夏ごろに発売されることになりました。

詳細は以下から。
産総研:脳波計測による意思伝達装置「ニューロコミュニケーター」を開発

全身の筋肉が衰える「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」などの病気や脳機能に障害が発生する病気(脳卒中など)、交通事故での脊髄や身体損傷、高齢化による身体機能の衰えなどによって、話すことや文字を書くことすら困難になり、十分な意思疎通をすることができなくなることがあります。

そのような人々の意思伝達を支援する技術はいろいろありますが、軽度の場合でなければ十分な支援を受けられなかったり、重度の場合だと高価な装置が必要だったりすることもありました。

産総研が開発した「ニューロコミュニケーター」は、頭皮上の脳波を測定することで脳内意思を解読し、意思伝達を行う装置です。実用化される装置としては世界最小レベルの脳波計を使用し、またコイン形電池によって長時間稼働も実現しています。

仕組みはこのようになっています。


これまでのシステムでは、意思予測の精度を高くすると時間がかかり、時間を短くすると精度が落ちるという問題を抱えていましたが、「ニューロコミュニケーター」では高速かつ高精度の予測を実現しました。

最終的には、パソコン部分を除いて10万円以下の製品を目指し、2013年ごろに実用化される予定でしたが、難病患者らから問い合わせや相談が相次ぎ、2011年夏ごろに製品化されることが決まりました。価格は50万円以下程度になる予定だそうです。

念じれば伝わるシステム、この夏にも製品化 産総研が計画を前倒し (1/2ページ) - MSN産経ニュース

この事業(研究開発)は、厚生労働省の平成21年度障害者保健福祉推進事業「障害者自立支援機器等研究開発プロジェクト」による支援を受けて行ったものだとのこと。

重度の病気やケガにより自分の意思を伝えることが難しかった人も、この装置があれば今までよりも短時間かつ高い精度で意思を伝えられるようになるようです。さらに製品のブラッシュアップが進めば、価格もさらに下がり、多くの人が手軽に利用できるようになるかも知れませんね。

・関連記事
慶應義塾大学、脳内イメージでPCを操作できる技術の開発に成功 - GIGAZINE

攻殻機動隊の「義体化」へ一歩前進、脳細胞でコンピューター回路を作成することに成功 - GIGAZINE

疲れた後の歯磨きは脳を活性化させてリフレッシュする効果があることが明らかに - GIGAZINE

脳について意外と知られていない15の豆知識 - GIGAZINE

脳を活性化させる3つの簡単な方法 - GIGAZINE

0

in ハードウェア, Posted by logc_nt