モバイル

ソフトバンクモバイル、コミケ会場周辺でWi-Fiスポットを利用可能に


ソフトバンクモバイルが無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」のエリアとして、2010年12月29日から12月31日にかけて「コミックマーケット79」が開催される東京ビッグサイト周辺を新たに加えました。

開場前の待機列で無線LANを利用できるようになるなど、ユーザーにとってうれしい展開となっています。

詳細は以下から。
東京ビッグサイト周辺でのWi-Fiスポットについて | ソフトバンクモバイル


ソフトバンクモバイルの公式ページによると、「ソフトバンクWi-Fiスポット」のエリアとして、新たに東京ビッグサイト周辺の屋外エリアが加わったそうです。

通信可能な屋外エリアはこんな感じ。国際展示場正門駅近辺や東展示棟隣にある駐車場スペースがカバーされており、会場待ちの行列に並んでいる時に無線LANを利用できるようになります。


なお、「ソフトバンクWi-Fiスポット」を利用できるのは「ケータイWi-Fi」「ソフトバンクWi-Fiスポット」「ソフトバンクWi-Fiスポット(i)」を利用できるユーザーで、2011年3月末までに上記プランに加入した場合、2011年4月以降も無料で使えるとのこと。

また、iPad Wi-Fiモデルを購入し、「ソフトバンクWi-Fiスポット(2years)」のID/パスワードを有効化したユーザーも対象となっています。

ソフトバンクWi-Fiスポットをご利用いただけるお客さまについて | ソフトバンクモバイル


コミケ会場には1日あたり10万人を優に超える人々が押しかけるわけですが、ユーザーが一気に無線LANスポットに接続した場合、どれだけカバーできるのかも気になるところです。

・関連記事
いよいよ本日から「コミックマーケット79」のカタログが発売 - GIGAZINE

ソフトバンク、イー・モバイルの回線を使ったデータ通信サービスを期間限定で値下げ決定 - GIGAZINE

ソフトバンクモバイル、超高速な「第4世代携帯電話」につながる「複数基地局協調伝送方式」の実証実験を実施へ - GIGAZINE

ソフトバンクモバイル、3GモデルのiPadを実質0円から購入できる「iPad for everybody」を開始へ - GIGAZINE

in モバイル, Posted by darkhorse_log