少年サッカーのコーチ、プレミアリーグの元選手と間違えられセーシェル代表チーム監督に就任


フランス人であるフィリップ・トルシエがサッカー日本代表の監督を務めたり、日本人である吉田義男が野球フランス代表の監督を務めたりといった例もあるように、スポーツの国代表チームの監督はその国の国籍を有する必要はなく、その競技の「先進国」と言えるような国から監督を招くというケースは珍しくありません。しかし、有名選手と同姓同名だったため本人と勘違いされて国代表チームの監督に就任してしまったというのは、前代未聞なのではないでしょうか?

インド洋の島国セーシェルでバカンス中のイギリス人の少年サッカーコーチが、プレミアリーグの元スター選手と間違えられ、サッカーセーシェル代表監督の職を手にしたそうです。

詳細は以下から。Junior football coach lands job as Seychelles manager following mistaken identity - Telegraph

The real Andy Morrison is not off to the Seychelles (From Northwich Guardian)

サッカーセーシェル代表の監督に就任したAndrew Amers-Morrison氏(40歳)。若いころはプロサッカー選手を目指していたそうですが度重なるケガにより断念しコーチに転向、2005年にロンドンで「Samba Street Soccer School」を開設し、貧困層の子どもたちにサッカーを教えていました。


Amers-Morrison氏が間違えられた同姓同名の元プロサッカー選手とは、元マンチェスター・シティFCのディフェンダーで、ファン投票では歴代のキャプテンの中でも3位の人気を誇る名キャプテンだったAndy Morrison(40歳)。現在はノースウィッチ・ヴィクトリアFCの副監督を務めています。


観光旅行でセーシェルを訪れていたというAmers-Morrison氏が代表監督に採用されるまでの詳しい経緯は明らかにされていないのですが、どうやら先にセーシェルサッカー連盟側がAmers-Morrison氏を「あのAndy Morrison」と勘違いし、Amers-Morrison氏は勘違いされていることに気付きながら訂正しないまま「Andy Morrison」のふりをして契約書にサインしてしまったようです。

9月に2年契約でAmers-Morrison氏が代表監督に就任すると、「元マンチェスター・シティのAndy Morrison」として報道され、一時はFIFAの公式サイトでも「本物」のAndy Morrisonがセーシェル代表監督として記載されるという事態になったのですが、ノースウィッチの自宅で取材の電話を受けたAndy Morrisonにとっては寝耳に水だったとのこと。「話を聞いたときには思わず笑ってしまったよ。大胆不敵なやつだな」と「本物」のAndy Morrisonは語っています。

勘違いに気付いたセーシェルサッカー連盟では、Suketu Patel会長が「わたしたちは本物のAndy Morrisonを獲得したと思っていたのに、ふたを開けてみれば偽者でした。実に残念なことです。この仕事に就きたいと考えていたのに、今ではほかのチームの仕事を受けてしまった優秀なコーチがたくさんいます」と遺憾の意を示しています。しかし、寛大にもAmers-Morrison氏に6カ月の「猶予期間」を与えることにしたとのことで、この6カ月の間にAmers-Morrison氏が代表監督にふさわしい能力を示すことができれば、その後正式に監督として続投することもあり得るようです。

インド洋の楽園セーシェルは、アフリカ本土から約1300kmに位置する115の島々からなる島国で、人口は約8万人。決してサッカー強豪国とは言えませんが、魅力的な環境を考えると、代表チーム監督は少年サッカーのコーチにとっては「夢のような仕事」と言えるのではないでしょうか。


サッカーセーシェル代表はFIFAランキング196位(2010年10月)、これまでの最高位は129位(2006年10月)とのこと。初めて国際試合を行ったのは1974年で、ワールドカップには1930年から1998年まで不参加、2002年から2010年までは予選敗退しています。

勘違いで代表監督となったAmers-Morrison氏ですが、このさき監督としての手腕を発揮することができるのでしょうか?新監督のもとでのセーシェル代表の躍進に期待したいものです。

・関連記事
これぞリアル少林サッカー、少林武術学校のサッカーチームがアマチュアチームと対決 - GIGAZINE

ゴールを決めた喜びをコントで表現するサッカー選手たち - GIGAZINE

ゴールの喜びを「釣り人」一発芸で表現したサッカーチーム、今度は新ネタの「人間トイレ」を披露 - GIGAZINE

背が高いサッカー選手ほどファウルをとられやすいことが明らかに - GIGAZINE

なぜ大事な場面に限ってPKを決められないのか?イングランドの科学者が解明 - GIGAZINE

サッカー強豪国のブラジルが砂浜でのサッカーを禁止に - GIGAZINE

「死ぬまでブブゼラを吹き続ける覚悟だ」「逮捕するならオレにしろ」ブブゼラ発明者の熱すぎるスピーチ - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log