ゾンビになったマイケル・ジャクソンがバイオハザードの主人公に襲いかかる「マイケルハザード」など超精密フィギュアの傑作と企画展示いろいろ


映画やコミックのキャラクターを、極めて実物に近い超精密なフィギュアにして提供することで人気のフィギュアメーカー「ホットトイズ」。今回、ホットトイズ設立10周年を記念するイベントが開催され、過去の傑作や、外部のアーティストがさまざまな工夫を凝らした企画展示が公開されています。

「アイアンマン」を東西のアーティストがカスタマイズする特別企画については別に記事を立てましたが、今度はマイケル・ジャクソンがゾンビになって「バイオハザード」の主人公たちに襲いかかるジオラマなど、ホットトイズのフィギュアを使った企画と、過去の傑作が展示されている様子をお伝えします。

というわけで、超精密なフィギュアを使ったジオラマの写真や展示の様子は以下から。株式会社ホットトイズジャパン
http://www.hottoys.jp

◆マイケルハザード
こちらがジェット・ラモーン氏と阿知谷隆氏による作品「マイケルハザード」。


「バイオハザード5」の主人公のひとりシェバがゾンビになったマイケルに襲われています。


2階では同じくバイオハザードシリーズの主人公ジルが、マイケルの頭部を破壊して倒したようです。


ここで使用されているマイケルのフィギュアは、マイコン「マイケル・ジャクソン(スリラー版)」。


バイオハザードシリーズからは、このほかにレオンなどもフィギュア化されています。


クラウザー。


クリスはガトリングガンを装備。


「バイオハザード5」版で髪の色が変化したジル。


映画版からアリスも。


◆繭
こちらはホビー・ジャパンの山田卓司氏による作品「繭」。エイリアンの巣に踏み込んでしまった瞬間が美しく再現されています。


エイリアンシリーズからは極めて精巧な作品が多く発売されています。これは「エイリアン2」エイリアン・ウォーリアー。


「AVP」プレデリアン(ダメージ版)。


「AVP」グリッド・エイリアン。


「エイリアン」エイリアン(ビッグ・チャップ)。


「エイリアン2」エイリアン・ウォーリアー(ブラウン・バージョン)。


プレデターもさまざまなタイプがフィギュアに。これは「AVP」古代プレデター(アジア版)。


「プレデター2」ガーディアン・プレデター。


「AVP」エルダー・プレデター。


「AVP」チョッパー・プレデター。


◆バットマンシリーズ
バットマンシリーズからはララ作「バットポット・エスケイプ」。


さらにウーダイ・シグオ作「ザ・ライトアス・フリークネス」。ゴッサムシティでバットマンとジョーカーが対峙します。


「バットマンビギンズ」バットマン。


ジョーカーの銀行強盗バージョン。


こちらのジョーカーはジャケットの下に手りゅう弾を仕込んでいます。


◆その他の傑作
こちらはゴーストライダー。バイクとセットです。


糸を発射するスパイダーマン。


映画「GOEMON」から浅井茶々。


同じく「GOEMON」から石川五右衛門。


映画「トロン:レガシー」からライト・サイクルとサム・フリン。エンジン部分が回転するようになっています。


そして「アイアンマン2」からは新型アーマーのマーク5。造作の細かさもさることながら、メタリックカラーも超美麗。

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2010[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

ワンダーフェスティバル 2010[夏]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

ワンダーフェスティバル2008夏、開場直後に人が多すぎて地鳴りのような音とともに4階から1階へエスカレーターがぶっ壊れて逆流、けが人発生 - GIGAZINE

サザビーズのオークションにかけられたフィギュア、16億円で落札 - GIGAZINE

マイケル・ジャクソンの成長の歴史がよくわかる写真いろいろ - GIGAZINE

0

in レビュー,  アート, Posted by darkhorse_log