試食

チキンラーメンと出前一丁がミルク味に、日清「HAPPYにゅうYEAR MILK」全2種を食べてみました


年末年始限定商品「HAPPYにゅうYEAR MILK チキンラーメンビッグカップ」と「HAPPYにゅうYEAR MILK 出前一丁ビッグカップ」が並んで売られていたので、年明けにはまだ早いものの買ってきて食べてみました。

どちらも日清の定番商品で、出前一丁はしょうゆベースのスープですが、塩ベースのミルクスープにおなじみのごまラー油をプラス。一方のチキンラーメンはいつものチキンスープにミルクを加えて仕上げられているとのこと。

「HAPPY NEW YEAR」と牛乳の「乳(にゅう)」をかけたネーミングが気になるこの商品ですが、「ミルクシーフードヌードル」のように新たな境地を切り開いているのでしょうか。

定番商品にミルク味が加わったらどうなるのか、その感想は以下から。HAPPYにゅうYEAR MILK チキンラーメンビッグカップ|製品情報|日清食品
HAPPYにゅうYEAR MILK 出前一丁ビッグカップ|製品情報|日清食品

まずは「HAPPYにゅうYEAR MILK チキンラーメンビッグカップ」(税込195円)から。


普段はオレンジ色のストライプがチキンラーメンの目印ですが、年末年始のめでたさを表現しているのか金色のストライプに変更されています。そしてひよこちゃんも「新年もよろチキ!」と一足早い年始のあいさつをしてくれています。


フタにも金色のストライプとひよこちゃんが。


原材料名はこんな感じ。めんの原材料に次いで「粉乳」が書かれています。原材料名は先に書かれるものの方が後のものより量が多くなっているので、これはかなりミルキーなのかもしれません。


1食あたりのカロリーは455kcal


チキンラーメンではありますが、豚脂が入っているのでアレルギー表示には豚も含まれます。


フタを開けてみるとたっぷりの粉末ミルクが含まれているとおぼしきものがめんを覆っていました。


お湯を内側の線まで注いで3分待てばできあがり。スープはしょうゆの色とミルクの色が混ざり合った感じ。


めんはいつものチキンラーメンそのもの。スープをおもむろにすすってみると、チキンスープがミルクの効果で口当たりがまろやかになっていて、和風ポタージュのような味わい。粉乳ならではのクセはやや感じますが、めんとスープの相性もなかなかで、冬場にズルズルとすするにはちょうどいいと思います。


続いて、「HAPPYにゅうYEAR MILK 出前一丁ビッグカップ」(税込195円)


ばっちり耳当てをしているのに生足だけはゆずらない出前坊やも、早くも新年のあいさつをしています。


フタの上には「ごまラー油」の袋が封入されていました。


出前一丁もチキンラーメンと同様、原材料名を見るとめんに次いで粉乳が多く含まれているようです。


カロリーは1食あたり456kcal。出前一丁もチキンラーメンもほぼ同じカロリーですね。


アレルギー物質は乳成分はもちろんのこと、豚肉、鶏肉、卵、小麦、大豆が含まれています。


中にはミルク味の濃そうなスープ粉末がどっさり。


お湯を入れて3分待ったら、添付の「ごまラー油」を投入。


そしてよく混ぜたらできあがり。「ごまラー油」の香ばしくもややスパイシーな香りが辺りに漂います。その存在感はミルクがふんだんに入ったスープによってかえって強調され、普段のしょうゆスープの出前一丁よりも強く香ってくるように感じました。めんの食感は間違いなく出前一丁のそれなのですが、個人的にはめんにからむスープの、ミルク由来と思われる粉っぽさが少し気になってしまいました。


新年を迎えるにあたってピッタリ……かどうかは分かりませんが、どちらも寒いこの時期にはほっとする口当たりだったので、気分を変えて定番のカップラーメン以外に挑戦してみたい人にはうってつけと言えそうです。

・関連記事
モス監修によるテリヤキバーガー風の「日清焼そばU.F.O. テリヤキソース&マヨネーズBIG」試食レビュー - GIGAZINE

斜め上のレトロ感を放つ「やかん型電気ケトル」が合計1万人に当たるキャンペーンを日清が実施 - GIGAZINE

日清が「史上最高傑作」と豪語する「日清ラ王 背脂濃コク醤油」「日清ラ王 旨味豚コク味噌」を食べてみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log