業界初のシニア向けアニメ「昭和物語」、テレビ&映画で同時展開


アニメがターゲットにしている視聴者層というと、日曜朝や平日夕方の番組であれば小学生~中学生など子ども中心、深夜アニメであればDVDやBlu-rayを購入できる大人のアニメファン層が中心になっていますが、このたび、業界で初めてシニア・団塊世代をターゲットにしたアニメが作られることになりました。

タイトルは「昭和物語」で、2011年4月からテレビアニメとして放送されるほか、2011年1月には劇場公開も行われるそうです。

いったいシニア向けアニメーションとはどういうものなのでしょうか……。
昭和物語
http://www.showa-movie.jp/

東京大田区蒲田で町工場を営む山崎家は、父・有三、母・佳乃子、祖母・ヨシ、大学生の長男・太一、高校生の長女・裕子、そして主人公の小学五年生の次男・山崎公平の6人家族。山崎家では、正月から職人気質で頑固者の有三と太一が大喧嘩をしたり、高校生の裕子が非行に走りそうになって一同がハラハラしたり、工場のお得意様から詐欺にあったりして穏やかにはいきません。そこに、従業員のゴローさんや隣に住むアニメーターの良さんが加わって物語が広がっていきます。やがて、バラバラだった家族の想いは、東京オリンピックをきっかけに一つになっていきます。

オリンピック開催や東海道新幹線の開通、羽田空港の国際線滑走路完成など、高度成長期に沸く東京を舞台とした作品で、大家族を中心に心温まる人間ドラマが描かれます。


今回、業界初のシニア・団塊世代をメインターゲットとしたアニメーションということで、映像のカット割りやセリフなどは、近年の大人向けアニメーション作品とは異なり、60歳以上のシニア層が見やすいように、ゆっくりと分かりやすい演出手法を採用しています。また、日本の原風景とも言える昭和39年の情景をハイビジョンによる高品質アニメーションで忠実に再現しているそうです。

テレビでは2010年の年末年始にスペシャルが組まれ、2011年4月からネット6(tvk、テレ玉、チバテレ、三重テレビ、KBS 京都、サンテレビ)にて本放送が開始。2011年1月29日からは全国のワーナー・マイカル・シネマズにて劇場公開されるとのこと。

確かにこれまでのアニメとは一線を画するものになりそうですが、果たしてシニア層にアニメーションは受け入れられるのでしょうか。

・関連記事
2011年冬季(新春)放送開始の新作アニメ一覧 - GIGAZINE

謎の監獄からの脱出劇「ノラゲキ!」場面カット公開 - GIGAZINE

就活男がサキュバスの後宮に入れられててんやわんやの「ロッテのおもちゃ!」アニメ化決定、設定画などを公開 - GIGAZINE

文化庁事業「若手アニメーター育成プロジェクト」作品、2011年3月から映画館で上映開始 - GIGAZINE

チケットが10分で完売しシネ・リーブル池袋が満席になった「serial experiments lain」イベントレポート - GIGAZINE

オリジナルスタッフが当時を語る「serial experiments lain」イベントレポート・完結編 - GIGAZINE

0

in 映画,  アニメ, Posted by logc_nt