NASA(アメリカ航空宇宙局)が「宇宙生物学上の発見」に関する記者会見を実施へ


NASA(アメリカ航空宇宙局)が地球外生物の証拠などを探求する「宇宙生物学」上の発見に関する記者会見を行う予定であることを明らかにしました。

詳細は以下から。
NASA - NASA Sets News Conference on Astrobiology Discovery; Science Journal Has Embargoed Details Until 2 p.m. EST On Dec. 2

NASAのプレスリリースによると、12月2日午後2時(日本時間12月3日午前4時)に記者会見を行う予定だそうです。

会見を行うのはMary Voytek氏(宇宙生物学専攻、NASA本部所属のディレクター)とFelisa Wolfe氏(NASA宇宙生物学研究所およびアメリカ地質研究所所属の研究員)、Pamela Conrad氏(NASAゴダード宇宙飛行センター所属の宇宙生物学研究者)、Steven Benner氏(応用分子進化基金所属)、James Elser氏(アリゾナ州立大学教授)の5人を予定。

気になる内容ですが、宇宙における生命の起点やその発展、進化、将来の姿などを研究し、地球外生物の証拠などを探求する「宇宙生物学」に関するもので、会見の様子はNASA公式サイトでライブ中継されるとしています。

・関連記事
宇宙を切り裂いたスリットのよう、真横からみた銀河の驚くべき姿をとらえた写真 - GIGAZINE

地球では考えられないようなすさまじい火星の風景35枚 - GIGAZINE

2013年5月に新たな人類の危機、巨大な太陽フレアによる「ソーラーストーム」が地球に到達する可能性 - GIGAZINE

冥王星の表面が実際にはどうなっているのかよくわかる高解像度ムービー&画像をNASAがネットで公開中 - GIGAZINE

宇宙から見たオーロラと地球など、宇宙飛行士が手持ちカメラで撮影した45万枚の写真いろいろ - GIGAZINE

0

in サイエンス, Posted by darkhorse_log