【追記あり】「Xperia(SO-01B)」がマルチタッチ対応に加えてAndroid 2.2へアップデート決定


先日ソニーグループの携帯電話メーカー、ソニー・エリクソンが公式ブログで「Xperia(SO-01B)」をマルチタッチに対応させる予定であると明かしたことをお伝えしましたが、マルチタッチ対応に続いてAndroid 2.2へのアップデートを行うことが明かされました。

11月10日にAndroid 2.1へのアップデートが行われてから、ほとんど間を空けずに2.2へとアップデートされることになりますが、レスポンスが大きく向上することになるため、ユーザーにとっては非常に喜ばしいことではないでしょうか。

詳細は以下から。
ソニー・エリクソンのCEO(最高経営責任者)、Bert Nordberg氏のTwitterによると、現在発売中の「Xperia X10(日本ではSO-01B)」について、2011年早期にAndroid 2.2へのアップデートとマルチタッチへの対応を実現する予定であるそうです。
Twitter / Bert Nordberg: Xperia X10 Update First 20 ...


ちなみにXperia X10に搭載されているディスプレイは、ディジタイザー(コンピューターに位置を指示するための装置)と呼ばれる部品の制約から、今までマルチタッチのサポートが見送られてきましたが、技術者たちがディジタイザーのドライバおよびファームウェアのアップデートを新たに開発したことで、完全ではないもののマルチタッチがサポートされることになる予定です。

力技のマルチタッチサポートに加えて、短期間でAndroid OSのバージョンアップに踏み切るなど、アップデートに対する執念のようなものまで感じられるソニー・エリクソンですが、昨今の携帯電話業界では2年契約が前提となっていることを考えると、末永く利用できるようになるため、ユーザーにとってこの姿勢は非常にうれしいのではないでしょうか。

2010/11/29 13:14追記

CEOのTwitterアカウントについて、Twitterから認証済みのソニーエリクソン公式アカウントからフォローされていることを確認しました。おそらくCEO本人のTwitterである、と判断し、30分前に一端削除したこの記事を復活させました。


2010/11/30 0:22追記
ツイートが消滅しました


調べてみると、Alvin Zahran Majid (AlvinZahran98)にリネームしていることがわかりました。Twitterでは名前を変更してもRSSのアドレスは変わらず、以前のCEOBertNordbergもこのAlvinZahran98もRSSのアドレスがhttp://twitter.com/statuses/user_timeline/90095118.rssで同じであるため、同一人物であるとわかります。


ソニーエリクソン公式アカウントからのフォローはスタッフの手違いか勘違いだったようで、残念ながらAndroid2.2へのアップデートは夢物語と終わりそうです。

・関連記事
ソニーの「PSPスマートフォン」、年内にお披露目される可能性が高まる - GIGAZINE

ソニーの新型スマートフォン「Xperia X12」とされる写真が一挙公開、最新のAndroid「Gingerbread」に対応へ - GIGAZINE

「Android 2.2」と「Android 2.1」の差がどれだけ大きいかが分かる実演デモムービー - GIGAZINE

「IS01」の兄弟機、「LYNX(SH-10B)」のOSアップデートはどうなるのかをNTTドコモに聞いてみた - GIGAZINE

KDDIに「IS01」のOSアップデート打ち切りについて問い合わせてみました - GIGAZINE

0

in モバイル, Posted by darkhorse_log