ジェームズ・キャメロン監督の次回作「アバター2」「アバター3」の製作が決定、2014年からの公開目指す


2009年末に公開されたジェームズ・キャメロン監督作品「アバター」は全世界的に大ヒットとなり、興行収入28億ドルで全世界興行収入No.1映画となりましたが、20世紀フォックス映画は本日、そのジェームズ・キャメロン監督の次回作として「アバター2」「アバター3」を製作することを正式に決定しました。

詳細は以下から。映画「アバター」オフィシャルサイト
http://movies.foxjapan.com/avatar/

20世紀フォックス映画はジェームズ・キャメロン監督次回作として「アバター2」および「アバター3」の製作を正式発表しました。アバターは歴代興行収入第1位の約28億ドルという大記録を打ち立てましたが、その続編がいよいよ始動ということになります。


公開時期は「アバター2」が2014年12月、「アバター3」は2015年12月公開を目指すとのことで、来年早々から脚本作業に取りかかる予定だそうです。

(C)2010 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

また、監督であるジェームズ・キャメロンは本日、シリコン・バレーのチャーチル・クラブにて、グーグルCEOであるエリック・シュミットからインタビューを受け、Avatar2とAvatar3について少し答えています。

YouTube - James Cameron on Avatar 2 and 3 sequels


なお、タイトルは正式にはまだ未定となっており、脚本の執筆は2011年1月から書き始める予定であり、本格的な制作には2011年の終わりから開始するとのこと。監督自身は以前「パンドラの海を舞台にしたい」という旨の発言をしており、プロデューサーのジョン・ランドー氏も「最初の映画でジム(ジェームズ・キャメロンの愛称)は単に話したいストーリーや作成したい創作物、そして世界の表面をちょっとだけかじってみせたにすぎない」と言っています。既に2011年2月4日公開予定の「Sanctum」という映画のエグゼクティブプロデューサーとしてジェームズ・キャメロンの名前がクレジットされており、厳密にはこの「Sanctum」の次が「Avatar2」「Avatar3」となるようです。ちなみにこれに伴い、「銃夢」の制作は後ろにずれ、ジェームズ・キャメロンが撮影するのではないかとウワサされていた「クレオパトラ」も後ろにずれていくようです。

・関連記事
3D映画ブームを一過性で終わらせないためにどうすればいいのか、歴史と技術を紐解く - GIGAZINE

ハリウッド超大作映画のプロデューサーは一体何をしているのか、「アバター」プロデューサーのジョン・ランドーに聞いてみた - GIGAZINE

映画「アバター」本編映像6本が公開開始、ロンドンでのプレミア上映は爆発的な反響に - GIGAZINE

「タイタニック」「ターミネーター2」で有名なジェームズ・キャメロン監督12年ぶりの最新作「アバター」予告編がネットで公開開始 - GIGAZINE

超大作映画「アバター」の未公開シーン満載の最新予告編ムービー登場、ストーリーもある程度判明 - GIGAZINE

0

in 映画, Posted by logc_nt