「ぶっかけ!ラー油カレー」試食レビュー、カレーにフライドガーリックとラー油をぶっかけ


桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」大ヒット以降、数々の「ラー油」があちこちのメーカーから商品化されました。商品はフライドガーリックを使ったラー油から、ラー油を何かにかけたような商品まで色々なバリエーションがありますが、その中でも自社でぶっかけ!おかずラー油チョイ辛を発売しているヱスビー食品が、ラー油をぶっかけるレトルトカレー「ぶっかけ!ラー油カレー」を発売していたので、買ってきて食べてみました。

カレーにラー油をかけるなんて普段はやりませんが、どちらもどんな食材にでも合わせられるモノだけに、相性は悪くないかも。

どんな味になったのか、レビューは以下から。
S&B エスビー食品株式会社 ぶっかけ!ラー油カレー

ガツンと強烈な刺激を与えてくれるらしい「ぶっかけ!ラー油カレー」。


作り方は通常のレトルトカレーと同じ、お湯で温めるかレンジでチンするか。


違いは、あとからぶっかける用のトッピングとラー油がついていること。


まずはお湯を沸かし、カレーを温めます。


そしてご飯にだばだばーっとかけます。


まずはカレーライス完成。これといった特徴の見あたらない、具材多めのレトルトカレーにしか見えません。


そこにトッピングをぶっかけます。内容は唐辛子とフライドガーリック。


結構たっぷりボリュームがあり、ニオイもしっかりしています。食後に人と会う約束があるような人は食べない方が無難。カレーもニオイがきついですが、これはニオイが倍増しています。


さらにラー油をぶっかけて、「ぶっかけ!ラー油カレー」完成。


ラー油はあっという間にカレーの表面を流れて低いところに集まってしまうので、よくかきまぜて食べましょう。


ラー油で多少辛味は増していますが、カレー味は全く揺らぐことが無くしっかりとスパイシー。それでいて、ラー油の香ばしさも加わっています。これまでカレーにラー油を入れたことはありませんでしたが、これはこれでアリかも。何よりよかったのはトッピングのガーリックがサクサクだったこと。ただ、先ほども書いたようにニオイがかなり強烈で、食後に歯を磨いても胃からニオイが上がってくるため、このあとに出かけるのはあまりオススメできません。

・関連記事
品薄状態が続いている桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」を食べてみました - GIGAZINE

具入りラー油決戦、「辛そうで辛くない少し辛いラー油」と「ぶっかけ!おかずラー油チョイ辛」を食べ比べしてみました - GIGAZINE

いつものラインナップに突如現れたファミリーマートの「具入りラー油おにぎり」試食レビュー - GIGAZINE

桃屋発のラー油ブーム、ついに業務用具入りラー油まで全滅の危機に - GIGAZINE

開発スタッフが「オイシいっス!」と全力でおすすめする、オイシスの「ラー油フランス」試食レビュー - GIGAZINE

ガストの「食べるラー油で楽しむ 野菜たっぷり冷やし麺」全2種試食レビュー - GIGAZINE

まさに具入りラー油狂騒曲、抱き合わせ販売に類似品販売、さらにヤフオクで転売屋も暗躍して1個1000円で即決も - GIGAZINE

0

in 試食, Posted by logc_nt