世界初、専用メガネなしで3D映像を視聴できる液晶テレビ「グラスレス3Dレグザ(REGZA)GL1シリーズ」新登場


東芝が世界で初めて専用メガネなしで3D映像を視聴できる液晶テレビ「グラスレス3Dレグザ(REGZA)GL1シリーズ」として、パーソナルサイズの20V型「20GL1」と12V型「12GL1」の2機種を商品化し、12月下旬から発売することを発表しました。

スペックなどの詳細は以下から。
東芝:ニュースリリース (2010-10-04):世界初、専用メガネなしで3D映像を視聴できる液晶テレビ 「グラスレス3Dレグザ(REGZA)GL1シリーズ」の発売について

「20GL1」は20V型で価格はオープン、12月下旬発売予定。フルHD映像の約4倍の総画素数約829万画素を持つ液晶パネルを採用。1フレームの画像からリアルタイムに作られた9枚の画像を同時に表示させる9視差映像描画に対応し、1280×720画素の映像表示を可能にした新開発「グラスレス3D専用LEDパネル」を搭載。バックライトは1440個のLEDを液晶直下に配置し、明るい3D映像を実現。


「12GL1」は12V型で価格はオープン、12月下旬発売予定。3D専用RGB配列の総画素数約147万画素と9視差映像描画に対応で、466×350画素の映像表示を可能にしたLED液晶パネルを搭載。


新商品は、自然で見やすい3D映像の視聴のためにインテグラルイメージング(光線再生)方式を採用。この方式は、視聴位置に応じて、位置や角度が異なる複数の映像を同時に映し出すもので、視聴者は左右それぞれの目で異なる映像を捉えることにより、専用メガネがなくても立体映像として認識することができるとのこと。

図1. 一般的な液晶とグラスレス3D液晶のRGB配列のちがい


東芝はこの原理を応用し、独自の映像処理技術により、9つの映像(9視差映像)をリアルタイムに生成し、液晶パネルから垂直レンチキュラーシートを通して映し出すことで、高画質3D映像を実現したそうです。

図2. インテグラルイメージング方式と垂直レンチキュラーシートによる3D映像の実現


「20GL1」では、フルHD映像の約4倍の画素数を持つ新開発「グラスレス3D専用LEDパネル」と高性能プロセッサ「Cell Broadband Engine」を搭載した新開発の「グラスレス3D専用CELLレグザエンジン」との相乗効果により、精鋭感ある3D映像を可能にしています。

東芝は今後、専用メガネを用いて、より立体感と奥行き感のある高画質3D映像を体感できる大型サイズの商品に加え、今回のような専用メガネなしで3D映像を楽しめるパーソナルサイズの商品をラインアップすることで、さまざまなユーザーニーズに応えるとともに、今後も長年培ってきた半導体技術と映像処理技術を駆使して、新たな価値や楽しさを提供する新商品を投入し、さらなるシェア向上を目指すとしています。

なお、それぞれのスペック詳細は以下のようになっています。

◆20GL1
・受信チャンネル
○地上デジタル放送 VHF(1~12ch)、UHF(13~62ch)、CATV(C13~C63)~CATVパススルー対応
○BSデジタル放送(000~999)  ○110度CSデジタル放送(000~999)
・チューナー
○地上デジタル×2
○BS・110度CSデジタル×2
・液晶画面(バックライト)
○20V型グラスレス3D専用LEDパネル
○グラスレス3D対応 (インテグラルイメージング方式(9視差)、垂直レンチキュラーシート)
○表示画素数 1,280×720画素 (パネル総画素数 8,294,400画素)
○コントラスト550:1(JEITA)
○推奨3D視聴距離 90cm
・映像
○「グラスレス3D専用CELLレグザエンジン」
○多視差変換LSI
○バス幅14ビット精度高画質化処理
○ジャストスキャンモード
・音声
○ステレオ音声
○CONEQ ○Class-Dデジタルパワーアンプ
・レグザリンク
○HDMI連動 ○USB
・入出力端子
○HDMI(1080p(60p/24p)入力対応、「InstaPort」対応)入力端子4系統4端子
○ビデオ入力端子 1系統1端子
○Φ3.5cmアナログ音声出力(固定/可変)端子
○光デジタル音声出力端子 ○HDMIアナログ音声入力端子 ○ヘッドホーン端子
○USB端子 1端子
○LAN端子 1端子  ○B-CASカードスロット
・外形寸法
スタンド除く:64.0×10.5×66.3cm (幅×奥行き×高さ、設計値)
スタンド含む:未定
・質量
未定
・消費電力
未定
・年間消費電力量
未定
・主な機能
○USBハードディスク録画
○レグザ番組表・ファイン2
○レグザリモコンⅡ

◆12GL1
・受信チャンネル
○地上デジタル放送 VHF(1~12ch)、UHF(13~62ch)、CATV(C13~C63)~CATVパススルー対応
○BSデジタル放送(000~999)  ○110度CSデジタル放送(000~999)
・チューナー
○地上デジタル×1
○BS・110度CSデジタル×1
・液晶画面(バックライト)
○12V型グラスレス3D専用LEDパネル
○グラスレス3D対応 (インテグラルイメージング方式(9視差)、垂直レンチキュラーシート)
○表示画素数 466×350画素 (パネル総画素数 1,470,000 画素)
○コントラスト500:1(JEITA)
○推奨3D視聴距離 65cm
・映像
○「グラスレス3D専用レグザエンジン」
○多視差変換LSI
○バス幅14ビット精度高画質化処理
○ジャストスキャンモード
・音声
○ステレオ音声
・レグザリンク
○USB
・入出力端子
○HDMI(1080p(60p/24p)入力対応、「InstaPort」対応)入力端子1系統1端子
○ビデオ入力端子 1系統1端子
○ヘッドホーン端子 ○USB端子 1端子
○LAN端子 1端子 ○B-CASカードスロット
○SDメモリカードスロット
・外形寸法
スタンド除く:33.7×5.2×27.2cm(幅×奥行き×高さ、設計値)
スタンド含む:33.7×20.0×27.2cm(幅×奥行き×高さ、設計値)
・質量
未定
・消費電力
未定
・年間消費電力量
未定
・主な機能
○USBハードディスク録画
○レグザ番組表・ファイン
○ワンセグ録画 ○JPEG/AVCHD再生
○シンプルレグザリモコン

・関連記事
ソニー、3Dメガネ不要で360度立体表示が可能なディスプレイ「RayModeler」を開発 - GIGAZINE

家電各社が続々と参入した3Dテレビ、値下がり続くも販売ペースは「息切れ」状態に - GIGAZINE

「ニンテンドー3DS」の発売日は2011年2月26日、ゲームボーイソフトをプレイ可能に - GIGAZINE

シャープが世界初の「3Dスマートフォン」を年内に発売へ、裸眼3D対応で立体映像も撮影可能 - GIGAZINE

PS3の3D対応が加速、本日からアップデートで「Blu-ray 3D」を再生可能に - GIGAZINE

0

in ハードウェア, Posted by darkhorse