取材

ダイソンが新たな掃除機を発表、カーボンファイバーを使用した静電気を起こさないヘッドを開発


「吸引力の変わらないただ1つの掃除機」というキャッチコピーが印象深いCMでおなじみのダイソンの掃除機ですが、今回発表されたものはカーボンファイバーを搭載したヘッドを使うことで静電気を起こさず、よりゴミを強力に吸い取ることが可能になっています。

昨年10月には羽根のない扇風機・エアマルチプライアーを発売して話題となりましたが、今回はエアマルチプライヤーをデザインしたデザイナーが主力商品である掃除機のデザインを手がけ、直々にプレゼンテーションを行ってくれました。

詳細は以下から。会場の丸の内ビルホールに到着。ダイソンのロゴが出迎えてくれました。


ギャルソンさんが会場を回って飲み物を配っています。なんだかラグジュアリーな雰囲気。


着いて早々ですが、会場には新製品が飾られていたので、新開発のヘッドを中心にいろんな角度から見てみました。


メインカラーのブルー。


ピンク


イエロー。


一般的な掃除機ではナイロンブラシを使っているため静電気を起こしてしまい細かいゴミが取れないのですが、カーボンファイバーブラシを採用したことでそれが解消、よりゴミを確実に吸い込むことが可能になったとのことです。


直々にプレゼンテーションが始まりました。

・関連記事
羽根のないダイソン製の新型扇風機「Dyson Air Multiplier」、一体どういう仕組みなのかがよくわかるムービーいろいろ - GIGAZINE

ダイソンの「エアマルチプライヤー」でピタゴラスイッチ的かつ涼しげな風船の動きを楽しむ動画 - GIGAZINE

自動掃除機ルンバの実力を検証する~オフィスと家庭で実際に使ってみた~ - GIGAZINE

ゴミを吸い取り、モップをかけ、床の乾燥まで行う究極のフロア洗浄ロボット「Scooba(スクーバ)」 - GIGAZINE

in 取材, Posted by darkhorse_log