裁断済みの本を売買できる「裁断本.コム」


自分が持っている本を裁断して電子書籍化する、いわゆる「自炊」を行う人に向けた裁断機の刃の切れ味を復活させるサービスなどが提供され始めていますが、裁断済みのバラバラになった本を売買できる「裁断本.コム」というサイトが開設されました。

要するに、電子書籍化したい本を裁断してスキャン後、そのまま捨てるのはもったいないので、同じようにして電子書籍化したい人向けに裁断済みの本を売ることができればいいのではないか?というシンプルなアイディアなのだと思いますが、果たして成立するのでしょうか?

詳細は以下から。
Saidanbon.com|裁断本.コム TOPページ


8月27日に開設された「Saidanbon.com(裁断本.コム)」によると、同サイトは本のISBN(国際標準図書番号)を入力するだけで出品できるサービスだそうです。

残念ながら現時点ではテスト向けに管理人が出品したコミックセットなどしか出品されていませんが、どのようにして売買するのかを知ることができるようになっています。

Saidanbon.com|裁断本.コム 裁断済みアイテム:商品の詳細【出品者】管理人 クロネコメール便OK!!Amazon上半期トップコミックセット5冊


裁断済みの書籍はYahoo!オークションなどでも出品されており、「裁断」や「裁断済」で検索するとぞろぞろと出てきますが、以下のリンクではなんと1万2000冊という、落札してもどこに置けばいいのか悩んでしまいそうな数のコミックが出品されています。

【裁断済コミック】自炊電子書籍 全巻セット 12000冊 値下げ! - Yahoo!オークション


これだけの数の出品があるということは、やはり裁断済みの本であってもある程度の需要はある、ということのようです。

・関連記事
「iPad vs 雑誌」、iPad上の電子書籍市場が抱えている問題点とは? - GIGAZINE

全国の図書館や電子書籍サイトなどを横断して蔵書を検索できる「国立国会図書館サーチ」 - GIGAZINE

苦境の中で減り続ける書店、いったいどれだけ減ったのかが一目で分かるグラフ - GIGAZINE

自宅にある本などを激安で電子書籍化してくれる「スキャポン」 - GIGAZINE

0

in ネットサービス, Posted by darkhorse_log