メモ

宇多田ヒカルが年内で活動休止へ、「人間活動に専念する」と宣言


15歳の時にファーストシングル「Automatic(1998年)」でデビューし、ファーストアルバム「First Love(1999年)」が今もなお国内アルバム売り上げ歴代1位に輝いている人気アーティストの宇多田ヒカルが年内で活動を休止することが明らかになりました。

今までのアーティスト活動ではなく、人間活動に専念することを宣言しており、今の心境を公式ブログで述べています。

詳細は以下から。
久しぶりの大事なお知らせ | U3MUSIC INC


8月9日付けで更新された宇多田ヒカルの公式ブログによると、以下のような理由により、来年からアーティスト活動を休止するそうです。

振り返ると、15才からずっと音楽ばっかりやってきました。「宇多田ヒカル」が音楽に専念できるように、周りから過保護に守られた生活をしてきました。人からは、年のわりには人生経験豊富だね~なんて言われるけれど、とても偏った経験しかしていません。

この仕事のおかげで普通じゃできないようなことも出来ました。ファンのみんなにも、ずっと一緒にやってきたスタッフにも、とっても感謝してます。

でも、アーティスト活動中心の生き方をし始めた15才から、成長の止まっている部分が私の中にあります。それは、人として、とても大事な部分です。

この12年間、アーティストとしては色んなことにもチャレンジしたし、少しは成長できたと思います。でもこれ以上進化するためには、音楽とは別のところで、人として、成長しなければなりません。

そういう気持ちから、一つ大きな決断をしました!

来年から、しばらくの間は派手な「アーティスト活動」を止めて、「人間活動」に専念しようと思います。


これは「引退宣言」ではないものの、「休養」や「充電期間」でもないとしており、「新しいことを勉強したり、この広い世界の知らないものごとを見て知って感じて、一個人としての本当の自分と向き合う期間になる」とのこと。

また、復帰時期については明言を避けていますが、「人として少しは成長できたかな、と思った時、自然とまた、音楽をみんなに聴かせたい!と思った時がきたら、そうする時です」としています。

なお、今後の活動予定ですが、秋に「シングルコレクション vol.2」がリリースされ、4曲または5曲の新曲が追加予定。新曲には最近の宇多田ヒカルの気持ちや心境の変化が込められるほか、CMにも出演するそうです。

・関連記事
入院明けの人気声優・平野綾さんがブログで「本当のことを言えるのは最後になるかも」と思いを激白 - GIGAZINE

宇多田ヒカルがデジタルシングル売り上げ世界一に - GIGAZINE

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の主題歌は「宇多田ヒカル」に決定 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log