ハードウェア

「次世代自動販売機」が登場、ユーザーの自動判別機能や大画面タッチパネル、通信機能などを搭載


今日の社会において、無くてはならない存在と言っても過言ではない自動販売機ですが、いよいよ本日、今までの自動販売機とは一線を画した「次世代自動販売機」が登場しました。

ユーザーを自動判別してオススメ商品を表示する機能や大画面タッチパネルをはじめとした先進的な機能を数多く備えており、今までの自動販売機では実現できなかった、ユーザーに対する細かい心配りが可能となっています。

詳細は以下から。
(PDFファイル)夢の飲料自販機 エキナカ本格展開へ ~ マーケティング頭脳を搭載した次世代自販機 ~

JR東日本の関連会社、JR東日本ウォータービジネスのプレスリリースによると、同社は本日8月10日(火)から、JR品川駅に次世代自動販売機2台を先行展開し、今後2年以内をメドに約500台をエキナカで展開するそうです。

新たに導入された次世代自動販売機は47インチの大型タッチパネルディスプレイを搭載することで、商品本来の魅力を表現できるだけでなく、ユーザーがシンプルかつ楽しく操作が可能になるというもので、上部のセンサーでユーザーの年代や性別を判定し、ユーザーに合わせたオススメ商品を表示することも可能。ちなみにユーザーの判別に用いたデータは個人情報に配慮して保存されない仕組みとなっています。

これが次世代自動販売機です。


さらに季節、時間帯、環境に応じた商品訴求を行うことでユーザーの需要を喚起できるほか、売り切れとなった商品の画像が消滅し、在庫がある商品に置き換わることで、「買おうと思ってお金を入れてボタンを押したら売り切れだった」という事態を避けることができます。

ユーザーが自動販売機から離れている状態での表示や近づいた状態、商品購入時の表示はこんな感じ。商品はすべて画像で表示されます。


また、下り40Mbps、上り10Mbpsの「モバイルWiMAX」サービスに対応することで、絶えず新鮮なコンテンツが配信されるほか、災害発生時には「災害支援ベンダー」として、遠隔操作で飲み物を即時に無料提供することも可能です。

なお、特殊なラックを採用することで、コンビニ向けに販売されている特殊形状の商品などを販売することもできるため、コカ・コーラ社のユニバーサルデザインを採用したペットボトルなど、持ちやすいデザインの商品が置かれるようになることも期待できそうです。

・関連記事
「マジコン自販機」がようやく営業終了、しかしマジコン販売店は店名を変えて営業続行 - GIGAZINE

TSUTAYAとGEO、コンビニなどに割安で手軽にレンタルできる「自動レンタル機」を設置へ - GIGAZINE

成人識別ICカード「taspo」を無料で即日発行できる全国唯一の「taspoサービスセンター」に行ってみた - GIGAZINE

50円で売っていたとてつもなくあやしい「あたたか~い」アクエリアスを人柱として買って飲んでみました - GIGAZINE

欲しくなったらすぐにカップヌードルが食べられる自動販売機型給湯器「カップヌードルMYベンディングマシン」 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log