いつものラインナップに突如現れたファミリーマートの「具入りラー油おにぎり」試食レビュー


ファミリーマートがおにぎりの具に「具入りラー油」を使った商品を新発売したので、さっそく買ってきて食べてみました。

これまでの「食べるラー油」商品はラー油が別添えになっていたり、パッケージが特別仕様になっているものがほとんどだったのですが、今回のおにぎりは他のおにぎりと同様にラー油が中に入っているものとなっています。コンビニのおにぎりというのはかなり手軽にとれる食事の1つですが、ラー油の味わいはどんなものとなっているでしょうか。

詳細は以下から。あなたと、コンビに、FamilyMart|FamilyMart

ファミリーマートの棚の、いろいろな種類のおにぎりが並んでいるところにさりげなく「具入りラー油おにぎり」は紛れ込んでいました。


有明産海苔使用。


振り塩には藻塩を使用。この辺りは最近のコンビニおにぎりではよく見るフレーズですね。


1個あたり206kcal、脂質も4.1gとおにぎりとしては多めです。


ラー油にはどんな具が入っているのかと思って原材料名を見ると、「具入りラー油炒め」というよく分からない総称でした。ただ、ラー油をそのまま入れたのではなく炒めてあるということは、その方がご飯に合うという工夫なのでしょうか。


切り口を手前に引いて両サイドをひっぱり、ビニールを外します。


外見は一般的なおにぎりの形。


ぱかっと割ってみると、中には真っ赤なラー油が詰まっていました。結構具だくさん。


具の粒は細かめ。食べてみたところ、ラー油の特徴であるニンニクの風味も、ローストオニオンの香りも特に感じず、代わりにかなりの塩辛さを感じました。塩辛くてつぶつぶした食感なので何となく辛子明太子を思い出しますが、またそれとも違ったものに思えます。これまで、桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」をはじめとしていろいろなラー油を食べてきましたが、そのどれとも違う感じ。ただ、桃屋のものとはまた別と考えれば、新しい味のおにぎりとしてはアリだと思いました。

・関連記事
セブンイレブンもラー油商戦に参戦、食べるラー油を使ったチルド商品3種試食レビュー - GIGAZINE

セブンイレブンの2週間限定販売メニュー「自家製ラー油で食べよう!炒飯」を食べてみました - GIGAZINE

ワングレード上のラー油が決め手、ロイホの「国産牛ロースステーキ」「トリプルグリル」試食レビュー - GIGAZINE

ガストの「食べるラー油で楽しむ 野菜たっぷり冷やし麺」全2種試食レビュー - GIGAZINE

セブンイレブンもラー油商戦に参戦、食べるラー油を使ったチルド商品3種試食レビュー - GIGAZINE

品薄状態が続いている桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」を食べてみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log