YouTubeでアップロード可能なファイルの長さが10分から15分に延長


動画共有サービスYouTubeで仕様の変更が行われ、アップロード可能なファイルの長さが15分に延長されました。

これまでの限界は10分で、一部のアカウントに限ってそれ以上の長さでもアップロード可能になっていましたが、今回の変更ですべてのYouTubeユーザーが10分以上の動画もアップロード可能になりました。

詳細は以下から。
YouTube Blog: Upload limit increases to 15 minutes for all users

YouTubeの公式ブログによると、YouTubeを動画アップロード先としてベストな場所にするため、これまで要望の中で一番多かった「アップロードできる動画の長さを10分以上にする」と実現したとのこと。これによって、制限は15分までに延長されました。

これまで、パートナーアカウント以外では長らく10分の制限がかけられていましたが、著作権保護システムに関する技術を向上させ、また1000社以上の映画会社や音楽レーベルとも連携したことで、この変更が実現したのだそうです。

なお、この変更以前に「動画の長さが10分以上である」と判断されて公開を拒否された動画がある場合、そのまま公開することはできず、一度アップロードしたファイルを削除して再度アップロードする必要があるそうです。

・関連記事
GoogleやYouTubeに寄せられた各国政府からの削除要請や情報開示要請の数がよくわかる図 - GIGAZINE

YouTubeに「ブブゼラ」機能が登場、ムービー再生中にブブゼラを鳴らすことが可能に - GIGAZINE

Yahoo!JAPANが約6年ぶりにGoogleの検索エンジンと広告システムを採用へ - GIGAZINE

Twitter・YouTube・ブログなどのソーシャルメディアを駆使した「ザ・カンケリ ザ・クリア」とは? - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logc_nt