取材

ミッキーマウスの顔面と衛星アンテナが合体、存在感がありすぎるマスプロ電工の新型アンテナ


2011年7月24日のアナログ放送終了を控えて、デジタル放送に対応したテレビの普及が進んでいますが、大手アンテナメーカーのマスプロ電工がデジタル放送へ移行しようと考えているユーザーなどを対象とした、とんでもない衛星アンテナを発表しました。

なんとディズニーの看板キャラクタ-、ミッキーマウスの顔面を衛星アンテナと合体させており、圧倒的な存在感を放っています。

詳細は以下から。
東京おもちゃショー2010に出展しているマスプロ電工のブースで新製品発表会が行われました。


デジタル放送への移行ラッシュなどを受けて、同社の業績は前年を上回ったそうです。また、デジタルテレビへの買い換えの際に、BSデジタル放送や110度CSデジタル放送を契約するユーザーも多いとのこと。


そういった背景をもとに発売されるのが、このミッキーマウス型衛星アンテナ。子どものいる家庭や孫がいるシニア層向けの商品です。


BSデジタル放送や110度CSデジタル放送に対応した、ウォルト・ディズニー社のライセンスを受けた製品です。


キミの家のアンテナに笑顔の魔法をかけるよ!」というキャッチコピーが秀逸。


なお、一風変わった形状ではあるものの、電波感度は良好であり、電子情報技術産業協会(JEITA)で審査・登録された一定以上の性能を有する受信機器に付与される「DHマーク」を取得しています。


ミッキーマウスの顔面部分には衛星からの電波を遮らない素材を採用。


同社の従来品と同じ性能を実現しています。


側面から見たところ。


かなり立体的なデザインですね……


2つ並べると、よりいっそう存在感が出てきます。ちなみにこのような形状だと本体強度が気になりますが、毎秒60メートルの強風時でも壊れない設計を採用しています。


卓上地デジアンテナも参考出品されていました。


ピンクモデル


ブラックモデル


壁面取付用のアンテナはこんな感じ。


取付けイメージ。気のせいか下のイメージ写真は光の加減で少し怖く見えます。


マスプロ電工の公式ページは以下から。

マスプロ電工|MASPRO

・関連記事
東京おもちゃショー2010開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「iPhone 4」のアンテナ問題が集団訴訟に発展、他社からは揶揄する声も - GIGAZINE

PT2のUSB外付けバージョンか、3波対応チューナー「PX-S3U」が登場 - GIGAZINE

自分の家は地デジを受信できるかどうかを無料でチェックできる「地デジ専用アンテナキット」 - GIGAZINE

in 取材,   ハードウェア, Posted by darkhorse_log