京セラがCDMA2000対応Androidスマートフォン「ZIO」を発表、複数のコンセプトモデルも展示


本日から東京ビッグサイトで行われている「ワイヤレスジャパン2010」において、京セラがCDMA2000に対応したAndroidスマートフォン「ZIO(ザイオ)」を発表しました。

また、複数のAndroidスマートフォンのコンセプトモデルが展示されており、同社のAndroidスマートフォンに対する意気込みを知ることができます。

詳細は以下から。ワイヤレスジャパン2010の京セラブース。


Androidスマートフォン「ZIO」の展示が行われていました。


これが「ZIO」です。本年度に北米市場に展開される予定のモデルで、通信方式はCDMA2000に対応。3.5インチWVGAタッチパネルや320万画素カメラ、無線LANを搭載しており、採用しているOSはAndroid 1.6とのこと。


裏面はこんな感じ。


左側面


右側面


手に持ったところ。重さ105グラムと軽量であるため、女性でも持ちやすいモデルとなっています。


また、同社のAndroidスマートフォンのコンセプトモデルが展示されていました。


こちらはタッチパネルとQWERTYキーボードのスライド型モデル


横スライドとタッチパネル、QWERTYキーボードを組み合わせたモデル。今までに類を見ない組み合わせですねこれは…。


画面側にもスイッチを搭載したモデル


カバーを付けるとこんな感じになります。


今年中にNTTドコモがサービス開始に乗り出すのを皮切りに、KDDIやソフトバンクモバイル、イー・モバイルも移行予定の第3.9世代携帯電話サービス「LTE」に対応した5インチタッチパネル端末。


キーボードの一番右側にコミュニケーションに特化したとおぼしきキーが配置されているのが印象的です。


京セラの公式ページは以下から。

京セラ株式会社

・関連記事
「ワイヤレスジャパン2010」が本日からスタート、全記事一覧 - GIGAZINE

そういえば格安の国産通信規格「iBurst」はどうなっているのか、不遇な現状を京セラに聞いてみた - GIGAZINE

「CDMA2000版iPhone 4」や「HTC EVO 4G」などはauで使えるようになるのか、KDDIに聞いてみた - GIGAZINE

KDDIがアメリカでAndroidスマートフォン「HTC Hero」を発売、日本語にも対応 - GIGAZINE

高速なWiMAXとエリアの広いauの両方を非常に安価に使えるデータ通信端末、ついに販売開始 - GIGAZINE

0

in 取材,  モバイル, Posted by darkhorse_log