転倒して大暴投かと思いきやストライクを取ってしまうボウリングのムービー


プロのボウラーは流れるような動作と美しいフォームで投球してストライクを取りますが、今回紹介するムービーでは、滑って転んだ時に手から離れたボールがそのままピンまでたどり着いてストライクとなる偶然を見せています。

詳細は以下から。
腕を大きく振って投球しようとする男性。
YouTube - Bowling fail or win?



しかし、勢い余って転倒してしまいます。


転んだ拍子に跳ね上げられたボールは勢いを失いつつも転がり始めます。


男性はボールの行方を見ることなく戻ってきました。


投球場所の近くに落下したボールはガーター(正式にはガター)になりそうなほど右側に寄りますが、カーブしてゆっくりとピンの中央に向かっていきます。


なんとストライクになってしまいました。ガーターにさえならなければストライクが取れる可能性があるので、同じような経験をしたことがある人は結構いるかもしれません。

・関連記事
ボウリングで普通はやらない変わった投げ方のスゴ技 - GIGAZINE

ボウリングの球でジャグリングをしたら隣の子どもに激突 - GIGAZINE

スクリュードライバーを忍者の手裏剣っぽく投げる方法 - GIGAZINE

結婚式のブーケトスで放り投げられたブーケのせいで飛行機が墜落 - GIGAZINE

航空宇宙工学者が教えるバスケのフリースロー必勝法 - GIGAZINE

0

in 動画, Posted by darkhorse_log