女子高生がエロゲ声優デビューしてしまう「こえでおしごと!」アニメ化、2010年冬予定か


陸上部に所属するいたって普通の女子高生がひょんなことからエロゲの声優をやることになってしまう、紺野あずれの漫画「こえでおしごと!」がアニメ化されることになりました。本作はワニブックスのコミックガムに連載されており、その内容から映像化は難しいと思われていたため、「まさか?」という声が挙がっているようです。時期は2010年冬予定となっています。

詳細は以下から。
「こえでおしごと!」公式サイト
http://koegoto.com/

主人公・青柳柑奈(あおやぎ かんな)は16歳の女子高生。陸上部に所属する、明るく元気な普通の女子高生ですが、ひょんなことからエロゲの声優をやることになってしまいます。しかし、柑奈は恋愛経験皆無で性知識に疎いため、何のシーンなのか、この言葉はどういう意味なのかと尋ねては恥じらうという繰り返し。卑猥なセリフを口にするたびに戸惑う柑奈でしたが、持ち前の集中力と想像力が頂点に達したとき、恐るべき才能が開花します。


柑奈の姉・弥生は18禁ゲームブランド「ブルーマーチ」の経営者。強くて厳しい性格ですが、一方で面倒見も良く、幼いころから柑奈の面倒を見てきました。


現役女子大生にしてプロ声優の藁園文花(わらその ふみか)。主にエロゲ声優として活躍しており、その仕事に誇りを持っているため、アニメなどの仕事が入ってもずっとエロゲの仕事を続けていきたいと考えています。仕事スイッチが入るとどんなセリフでも抜群の演技力でこなし、柑奈に対しても先輩として優しく指導を行っているのですが、実は柑奈と同じく恋愛経験がゼロ。


シリーズ構成・脚本は「聖剣の刀鍛冶」「かのこん」の鈴木雅詞、キャラクターデザイン・作画監督は「咲-Saki-」「はなまる幼稚園」で作画監督を務めた清丸悟。監督は「絶賛調整中」だそうです。ちなみに、アニメーション制作を担当するStudio五組は「ストライクウィッチーズ」や「咲-Saki-」の制作で知られるGONZO第5スタジオが独立して設立された会社だとか。

エロ表現には妥協がなさそうな制作陣なので、放送形態がテレビなのか、OVAなのか、コミックス付属DVDなのかは不明ですが、中身にはかなり期待できそうです。


■メインスタッフ
原作:紺野あずれ(掲載「月刊コミックガム」ワニブックス刊)
監督:絶賛調整中
シリーズ構成・脚本:鈴木雅詞
キャラクターデザイン・作画監督:清丸悟
美術監督:松本浩樹
編集:重村建吾
色彩設計:甲斐けいこ
撮影監督:中村昌樹
音響監督:本山哲
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:Studio五組

© 紺野あずれ・ワニブックス/PC

・関連記事
2010年夏季放送開始の新作アニメ一覧 - GIGAZINE

7月から始まるアニメ新番組、注目度ベスト10 - GIGAZINE

「劇場版機動戦士ガンダム00-A wakening of the Trailblazer-」ビジュアル解禁、ガンダム史上最大の敵が登場か - GIGAZINE

東映アニメーションが「一休さん」の新作映画を製作へ、2012年に中国全土で劇場公開 - GIGAZINE

「侵略!イカ娘」アニメ制作”侵攻”中、いよいよ今秋から放送予定 - GIGAZINE

一線を越えてしまった姉弟の恋を描くOVA「あきそら~夢の中~」先行場面カット公開 - GIGAZINE

6月26日から公開の映画「ブレイク ブレイド 第二章 訣別ノ路」先行場面カット公開 - GIGAZINE

0

in アニメ, Posted by logc_nt