東芝が2画面タッチパネルを採用した軽量ノート「Libretto W100」を発表、電子書籍リーダーとしても利用可能


東芝が世界で初めて2枚のタッチパネル液晶を採用したノートパソコン「Libretto W100」を発表しました。

キーボードには画面をタッチタイプすることで入力できるソフトウェアキーボードが採用されており、横向きにすることで電子書籍リーダーとしても大活躍できるモデルとなっています。

詳細は以下から。
東芝:ニュースリリース (2010-06-21):世界初の2画面タッチパネルWindowsミニノートPC 「libretto W100」などの発売について

このリリースによると、東芝は8月下旬にWindows搭載のノートパソコンとして世界初となる2画面タッチパネルを採用したノートパソコン「libretto W100」を発売するそうです。

「libretto W100」はタッチインターフェースに対応した2つの7.0インチワイド液晶を搭載することで、10インチワイド画面相当の情報の閲覧が可能となるモデルで、東芝独自の高密度実装技術により、約699gという小型軽量化を実現。

これが「libretto W100」です。Intelの超低電圧版Pentiumプロセッサー U5400(動作周波数1.20GHz、デュアルコア)や2GBメモリ、62GBのSSDを搭載。IEEE802.11 a/b/g/n対応の無線LANやWiMAX通信モジュール、Bluetooth、約102万画素のWEBカメラを備えています。


タッチインターフェースを利用したソフトウェアキーボードを利用可能


背面はこんな感じ


縦持ちにすることで電子書籍リーダーとしても利用できます。


幅約202mm、奥行123mm、高さ25.4mmと非常にコンパクト。


なんだかまるでゲーム機のように見えます。


なお、気になるバッテリー駆動時間は標準バッテリー搭載時で2時間、装着時の本体重量が819gになる大容量バッテリーで4時間となっています。

・次の記事
東芝、Googleの「Android」とTegraプロセッサを採用したインターネットデバイス「dynabook AZ」を発表 - GIGAZINE

・関連記事
東芝のiPad対抗タブレット2機種、HD動画やFlash対応のデュアルコアCPUを搭載へ - GIGAZINE

富士通と東芝が携帯電話事業を統合へ、シェアは国内2位に - GIGAZINE

「REGZA Phone T004」をムービーでチェック、1GHzの「Snapdragon」は携帯電話をここまでサクサクにした - GIGAZINE

アナログテレビでも一安心、東芝がUSB外付けHDDにデジタル放送を録画できる高機能な「レグザチューナー」を発売へ - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log