自宅にある本などを激安で電子書籍化してくれる「スキャポン」


5月末に発売されたiPadを皮切りに、日本でも普及が進むと思われる電子書籍ですが、やはり自宅にある書籍も電子化できるのであれば電子化したいところ。そんな要望を激安で手軽にかなえてくれるサービス「スキャポン」が登場しました。

1冊から電子書籍化を請け負ってくれるサービスとなっているため、自分で電子化するのが面倒だというユーザーにとっては、なかなかうれしいサービスかもしれません。

詳細は以下から。
サービス案内~本(書籍)の電子化/PDF、スキャンサービスなら【スキャポン】


このページによると、「スキャポン」とは自分で書籍をスキャンをする時間や労力を節約したいユーザーの代わりに、自宅の本棚にある書籍や通販サービスで販売されている書籍のPDF化を請け負うサービスだそうです。

サービス内容はこんな感じ。自宅にある本をスキャポンに送付するか、あるいはAmazon.co.jpや楽天ブックスなどの配送先を指定の住所にするだけです。


スキャンできる本はA4サイズまでで、一度に1冊から5000冊までを依頼可能。出力されるファイルフォーマットは「PDF ver1.3-1.6 カラー・グレー300dpi/ 白黒 600dpi」で、ファイル転送サービス「Dropbox」またはDVD-Rでユーザーに届けられるとのこと。作業代金は1冊あたり90円で、350ページ以上の場合、200ページごとに1冊分の追加料金が必要。

なお、静電気が発生するなどしてスキャンに支障が出る可能性があるため、辞書やタウンページなどの薄いページの書籍や雑誌についてはサービス対象外となっています。

1冊90円~本(書籍)の電子化/PDF、スキャン代行サービスなら-スキャポン-

・関連記事
ソニーがAndroidタブレットを発売する見込み、ゲーム機や携帯電話などを組み合わせた複数の新製品も - GIGAZINE

ソニーやKDDI、朝日新聞などが電子書籍配信に参入、国内最大級のプラットフォームを構築へ - GIGAZINE

ASUSがついにiPad対抗の「Eee Pad」を正式発表、バッテリー駆動時間は10時間以上 - GIGAZINE

MSIがタブレット端末「WindPad」を発表、Windows 7とAndroidモデルの2機種 - GIGAZINE

0

in ネットサービス, Posted by darkhorse_log