シャープペンシルで描かれた写真のようにリアルな動物たちの絵画


香港のアーティストによってシャープペンシルで描かれた動物の絵画をご紹介します。一瞬モノクロ写真かと思ってしまうようなリアルさで、濃淡のつけ方をついついじっくりと眺めてしまうデキとなっています。

詳細は以下から。
Unbelievable Pencil Art by Paul Lung

フサフサの毛を持つライオン。


羽の細かい部分までしっかり描かれています。


肌や角の質感が出ているサイ。


パンダ。鋭い目がよく見えるため、怖い雰囲気が出ています。


蝶ネクタイ付きのネコ。


くちばしの下付近の羽などは、じっくり見るとシャーペンで描かれているものであることが分かります。


これらの作者は香港のPaul Lungさん。A2の紙に0.5mmのシャーペンで描いているそうで、以下のリンクからは動物以外にも様々なシャーペンアートが見られます。

paullung on deviantART

・関連記事
鉛筆スケッチで写真に妄想をはめ込んだ「Pencil Vs Camera」 - GIGAZINE

どこにでもある鉛筆を削って作られたすごい彫刻の写真 - GIGAZINE

世界最大の鉛筆は長さが23メートル、重さ3.6トンもある - GIGAZINE

どう見ても写真並みにリアルなクオリティのベクターアートいろいろ - GIGAZINE

お菓子と女性のコンビネーションをリアルなタッチで描く油絵アート - GIGAZINE

子供の描いた絵の続きをアーティストが描くとこうなる - GIGAZINE

ポップアートの絵をそのまま忠実に再現した女性の写真 - GIGAZINE

0

in アート, Posted by darkhorse_log