自分の娘が性的虐待を受ける様子を録画して娘のボーイフレンドに送りつけた母親らを逮捕、懲役58年に


自分の若いボーイフレンドが娘に対して性的虐待を行っている様子をビデオに録画し、さらにそのDVDを娘のボーイフレンドに送りつけたという言語道断の母親が逮捕され、懲役58年の判決が下りました。諮問委員会では執行猶予をつけるよう求めたそうですが、検察官は「このような犯罪に対して執行猶予をつけるなど、考えられない」とあきれ果てているそうです。

詳細は以下から。
Bobbie Jo Geveshausen videotapes sexual abuse of her 16-year-old daughter, gets 58 years in prison - Kansas City News - Plog

Bobbie Jo Geveshause(43)は、ボーイフレンドのEdward D.Shockey(35)が16歳になる自分の娘に性的虐待を行うビデオを撮影するのが好きで、ときどきそれに参加していました。この悪事は、Shockeyが被害者のボーイフレンドに送ったDVDの中に虐待の様子がおさめられていたことから発覚。ボーイフレンドは最初、このDVDをミュージックビデオだろうと思っていたそうですが、再生してみるととんでもない内容だったので、すぐに警察に提出したそうです。これらのDVDは、Shockeyがミュージックビデオを貸そうとして間違えたのか、それとも意図的だったのかは現時点の報道ではわかっていません。

Geveshauseの顔写真


Shockeyの顔写真


Platte郡のEric Zahnd検事は「自分の娘が性的虐待を受けているのに、喜んで手伝うという母親の腐りっぷりは想像がつきません」と語り、「こんな言葉に出来ないような犯罪に対して執行猶予を勧めてくるなんて、ミズーリ州判決宣言諮問委員会以外ではあり得ない」と、州が執行猶予をつけるように言ってきたことにあきれている様子。

Shockeyの送りつけたDVDには、Geveshauseの娘に対する性的虐待のほかにも、ShockeyとGeveshauseが明らかに妊娠している少女などと複数回性的な関係を持った様子が映っており、Geveshauseは未成年者に対する性的搾取5件、ソドミー2件の罪を認めたそうで、懲役58年の刑になりました。実行犯であるShockeyについては未成年者への性的搾取、ソドミー、児童ポルノ販売などにより懲役25年の刑が下ったそうです。

17:39追記
ミズーリ州法ではレイプは膣交のみを指し、口や肛門での性交はソドミーになると規定されているそうなので、修正しました。

・関連記事
51才の男性にレイプされた16才の少女が死刑 - GIGAZINE

レイプの被害者なのに投獄されるアフガニスタンの女性たち - GIGAZINE

自分の胸を13歳の少年に触らせた女性が終身刑に - GIGAZINE

YouTubeのレイプムービーが虚偽だと発覚、「被害者」の女性を逮捕 - GIGAZINE

自らのヌード写真をネットに投稿した15歳の少女、性的虐待容疑で逮捕 - GIGAZINE

宿題を忘れた7歳の少女が教室で全裸にされ、机の上に立たされる - GIGAZINE

in メモ,   Posted by logc_nt