フェレットをパンツの中に突っ込むコンテスト、動物虐待としてフェレット愛護団体から抗議される


引退した元校長先生が計画したチャリティのためのイベント「フェレットをパンツの中に入れる我慢大会」が動物虐待にあたるとしてフェレット愛護団体から抗議を受け、物議を醸しています。

一体どうやってそんな奇妙なイベントを思いついたのか……と首をひねる人も多いかもしれませんが、フェレットをパンツ(ズボン)の中に閉じ込め誰が一番長い時間耐えられるかを競うというこの競技「Ferret Legging」自体は、起源には諸説あるもののイングランド北部やスコットランドで昔から行われていた伝統的なものとのこと。

詳細は以下から。Animal welfare groups hopping mad over ferret trouser contest - Telegraph

スタッフォードシャーWhittingtonのFrank Bartlett氏(67歳)は、地元のCommunity First Responder(近所で起きた医療緊急事態へ救急車より先に駆けつける訓練を受けたボランティア)のグループの資金集めのために「Ferret Legging」の競技会を計画したとのことで、1000ポンド(約13万円)の募金を集めることを目指しているそうです。

この競技会がフェレットに不必要なストレスと不快感を与え、動物保護法(Animal Welfare Act 2006)違反にあたるとして、The National Ferret Schoolダービーシャーにあるフェレットの習性や飼い方を教育する施設)のJames McKay氏はRSPCA(王立動物虐待防止協会)に通報しています。

「Ferret Leggingでは男性の競技者のズボンの中にフェレットを入れますが、これはフェレットたちにとって非常なストレスとなります」とJames McKay氏はBBCラジオに語っています。「21世紀にもなって、こんな馬鹿げたイベントをやろうと思う人がいるのは信じ難いことです。Ferret Leggingは伝統的には、タフガイ気取りのヨークシャー人が、正気の人間なら夢にも思わないような馬鹿げたことをするのがタフガイであることの証しになると思ってやっていたのです。この『コンテスト』が開催されれば、フェレットの福祉が20年以上前の状況に逆戻りしてしまうことを、我々は危惧しています」

これに対しFrank Bartlett氏は、競技に使われるズボンはブカブカのものだし、フェレットに危害が加えられることはなく、人になれたおとなしい動物たちなのでおそらくズボンの中で眠ってしまうだけだろう、と反論しています。「イベントの関係者は、フェレット愛護に長年たずさわってきた人々ばかりです。私たちは、動物の苦痛につながるような事をしようとは夢にも思いません」とFrank Bartlett氏。

Ferret Legging」は伝統的に男性のみが行い、ズボンの下に下着はつけず、両足首とウェストをひもで締めた状態でフェレットを閉じ込め、ズボンの中で動き回るフェレットにどれだけ長い時間耐えられるかを競う競技です。ちなみに世界記録は5時間26分で、サウス・ヨークシャーの元鉱山労働者Reg Mellor氏が1981年に達成したとのこと。

Bartlett氏の言うとおりフェレットに危害が加えられることはないとしても、下着をはいていない競技者の男性の方はどうなのか、心配になった人もいるのではないでしょうか?

鋭い牙を持つ肉食動物であるフェレットは、数千年もの間ウサギ狩りに使われてきました。1390年にイギリスで「地主以外は犬やフェレットなど、狩りのための動物を飼ってはいけない」という法律が施行されたため、密猟者たちはフェレットをズボンに隠して運んだそうです。これが「Ferret Legging」の起源と言われているのですが、フェレットに噛まれないよう口を縫い付けて運んでいたとも言われています。


現在の「Ferret Legging」ではフェレットの口を縫い付けるというようなことはもちろんありません。世界記録保持者のReg Mellor氏は流血したときによく見えるように白いズボンで競技に挑んでいたということなので、噛まれるリスクも競技の一部のようです。

しかし今回の競技会に使われるのはおとなしいフェレットばかりとのことで、負傷者が出る可能性は低そうです。また、そもそもフェレットは巣穴のような密閉された狭い空間を好むとのことなので、競技が長時間におよぶとズボンの中で眠ってしまうと予想されています。

「どんな動物でもそうですが、小さいころから適切な扱いを受けていれば、フェレットは人なつこくおとなしい性格に育ちます」とFrank Bartlett氏は語っています。


「滅びかけたスポーツ」と呼ばれるFerret Leggingですが、本場イギリスではなく、アメリカのバージニア州リッチモンドで開催されるケルト文化フェスティバルで2003年以降毎年行われているそうです。これまでにフェレットにひっかかれた参加者はいるものの、噛まれた人はまだ1人も出ていないとのこと。競技の様子は以下の動画で見ることができます。

Scottish Games - Ferret Legging on Vimeo



YouTube - ferret in your trousers

・関連記事
「動物病院にかかるお金がない」として自分で飼い犬に手術を行った男性、動物虐待で起訴 - GIGAZINE

狩猟中にスノーモービルで鹿5頭をひき殺す - GIGAZINE

一度ハマるとクセになりそうな、かわいい変わり種動物たち10選 - GIGAZINE

頭がハマって抜けなくなってしまった、ちょっとマヌケな動物たちの写真いろいろ - GIGAZINE

まるでかくれんぼしているみたいな動物たち - GIGAZINE

世界中の動物園や水族館で産まれた動物の赤ちゃんを紹介する「ZooBorns」 - GIGAZINE

0

in 生き物,   動画, Posted by darkhorse_log