ソフトバンクモバイル、ガンダムのプラモデルをベースにした「ガンプラケータイ」を発売へ


ソフトバンクモバイルが本日開催した2010年夏モデル発表会において、今年30周年を迎えるガンダムのプラモデル「ガンプラ」をモチーフにした「ガンプラケータイ」こと「945SH G Ver.GP30th」を発売することを発表しました。

詳細は以下から。
これがガンプラケータイ「945SH G Ver.GP30th」です。


本体はこんな感じ。


発売は9月中旬以降となり、数量は限定。なお、発売に先立って5月19日(水)より当社オンラインショップおよび全国のソフトバンク携帯電話取扱店にて予約受付を開始するとしています。

「945SH G Ver.GP30th」はガンプラの持つ最大の魅力、「世界に二つとない自分自身のガンダムを組み立てて、好みにカスタマイズする楽しさ」をコンセプトに開発されたガンプラケータイで、電話機本体は、機動戦士ガンダムに登場するRX-78-2ガンダムをモチーフにしており、外観のデザインから待ち受け画面などのコンテンツまでガンダムの世界観で統一。

ガンプラ30周年を記念したプレミアムモデルです。


RX-78-2ガンダムのシールドをイメージした立体デザインの電池カバーや、プレミアムデカール(シール)を同梱しガンプラのように好みにカスタマイズすることも可能なほか、「945SH G Ver.GP30th」には945SH G専用に開発されたメタルインフレームガンプラと専用充電ベースが同梱され、組み立てるところから楽しめ、今までにないガンプラのメカニック表現が体感でき、完成後は専用充電ベースにディスプレーすることでオリジナルコンテンツと連動させ楽しむことができるマニア垂涎のアイテムです。


ちなみに気になるスペックは約3.4インチフルワイドVGA(854×480ドット)NEWモバイルASV液晶および約1.4インチ(64×192)有機EL(白1色)、1210万画素手ブレ補正対応オートフォーカスカメラを備えたハイエンドモデルとなっています。

ガンプラ30周年を記念したガンプラケータイ登場~数量限定、5月19日より予約受付開始!!~ | ソフトバンクモバイル株式会社

・関連記事
日本向けiPadはSIMロック版であることをソフトバンクの孫正義が明言 - GIGAZINE

日本向けiPadにSIMロックは施されていない可能性も、スティーブ・ジョブズが驚きの回答 - GIGAZINE

ソフトバンクモバイルが「バリュープログラム」を導入へ、パケット割引サービスに応じて割引額が変動 - GIGAZINE

in 取材,   モバイル,   アニメ, Posted by darkhorse_log