×
アニメ

エヴァンゲリオン初号機の実物大建造計画がついに始動、7月に富士急ハイランドで公開へ


5月26日に発売予定のBlu-ray&DVD版「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の予約がすでに80万枚を超えたほか、神奈川県箱根町にオープンした「ローソン 第3新東京市店」があまりの人気を受けて混乱が相次ぎ、予定よりも早くキャンペーンを終了するなど、人気沸騰中と言っても過言ではない状態が続いていますが、Yahoo!JAPANが4月に公開したエヴァンゲリオン初号機の実物大建造計画が始動したことが明らかになりました。

7月に富士山麓にあるアミューズメントパーク「富士急ハイランド」で公開されるとしており、非常に期待が高まる内容となっています。

詳細は以下から。
(PDFファイル)EVANGELION : WORLD 実物大初号機建造計画

富士急行が本日付で発表したプレスリリースによると、同社が運営する「富士急ハイランド」において、実物大のエヴァ初号機を建造する計画が始動したそうです。オープン日は7月23日(金)を予定しており、主人公の碇シンジが初めて「エヴァ」と出会った第7ケージ(格納庫)を再現した、世界初登場となる「汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン初号機」の実物大立体胸像が展示されるとのこと。

また、エヴァンゲリオンの実物大コクピットや渚カヲルの等身大立像など、エヴァンゲリオンの世界をリアルに楽しめる仕掛けが多数登場するほか、ミュージアムやフォトスポット、オリジナルグッズを販売するショップなどのさまざまなコーナーが展開される予定。

さらにオープン後もさまざまなタイアップ企画が実施される予定となっており、実物大初号機建造計画の進行状況などについては富士急ハイランドのWEBサイトおよびYahoo! JAPAN「ヱヴァンゲリヲン特集2010」で紹介される予定となっています。

Yahoo! JAPANの「ヱヴァンゲリヲン特集2010」は以下から。

ヱヴァンゲリヲン特集2010 - Yahoo! JAPAN

・関連記事
拡張現実の仙石原中学校校庭に全長80mのヱヴァ初号機が出現したのでiPhoneで撮影してみた - GIGAZINE

エヴァのスーパーコンピューター「MAGIシステム」は実在する - GIGAZINE

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破2.22」のプロモーション映像がネット上で公開開始、全部で1分55秒 - GIGAZINE

「エヴァンゲリオン実物大建造計画」をYahoo!が公開、どのエヴァを実物大にしたいかアンケート受付中 - GIGAZINE

「エヴァンゲリオンレーシング」としてSUPER GTに参戦、マシン名は「エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラ」 - GIGAZINE

in アニメ, Posted by darkhorse_log