3TBのHDDが年内に登場か、現在開発中であることが明らかに


世界初となる1TBモデルが2007年に登場し、2009年には2TBモデルが登場するなど、じわじわと大容量化が進むHDD(ハードディスクドライブ)ですが、3TBモデルのHDDが年内発売に向けて開発中であることが関係者によって明かされました。

4番組同時録画対応のデジタル放送チューナー「PT2」などを利用していると、いくらあっても良いとさえ思えるHDDの容量ですが、新たな大容量HDDが登場するのであれば、既存モデルの値下がりも期待できそうです。

詳細は以下から。
3TB Seagate disk drive ahoy ? The Register

この記事によると、HDDメーカー最大手のSeagateが同社のエンタープライズ向けHDD「Constellation ES」シリーズの新たなラインナップとして、現在3TBモデルのHDDを開発中であることを同社関係者が明かしたそうです。

開発中の3TBモデルのHDDは6GbpsのSASインターフェースを採用したモデルになるとのこと。なお、同シリーズは現在最も容量が大きいモデルとして、毎分7200回転の2TBモデルがラインナップされています。

また、2.5インチHDDで最大クラスとなる1TBモデルのHDDを今年半ばにリリースすることも予定しており、毎分1万回転のエンタープライズ向け2.5インチHDD「Savvio 10K」についても、現在発売されている中で最も容量が大きい600GBモデルを上回る、750GBのモデルが登場する可能性を関係者は示唆しています。

・関連記事
2TBモデルのHDDがじわじわ値下がり、発売当初の3分の1以下となる1万円に近い価格に - GIGAZINE

「torne(トルネ)」が大ヒット中のPS3、最もお買い得な換装用HDDは? - GIGAZINE

長寿命で高性能なSSD「SANDISK G3」を生み出したサンディスクに、SSDについて色々と聞いてみた - GIGAZINE

1万円前後の低価格SSDが想定を上回る販売台数を達成、市場規模は今後拡大へ - GIGAZINE

どのハードディスクが危険なのか、データ復旧業者がHDD復旧統計データの2009年版を公開 - GIGAZINE

SFが現実のものに、データを10万年以上安定して保存できる次世代記憶技術を日立が開発 - GIGAZINE

最大手HDDメーカーのSeagateがSSD市場に殴り込み、高速で高耐久性のハイエンドSSD「Pulsar」を投入 - GIGAZINE

0

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log