メモ

9歳の少女、性的奴隷として1日で60人の男性と売春させられる

by shinyai

Anuradha Koiralaさんはネパールの女性や少女が人身売買されるのを防ぐことを目的としているグループの一員で、虐待を受けている女性たちを救うためにMaiti Nepalという団体を立ち上げました。この活動によって1993年以来、1万2000人を超える女性や少女が救出されてきたそうです。

その中でもGeetaという名前の9歳の少女は、性的奴隷として毎日午前2時まで1日に約60人の男性の相手をするというめちゃくちゃな売春をさせられていたとのこと。一体何がどうなってこんなことになってしまうのでしょうか?

詳細は以下から。
Rescuing girls from sex slavery - CNN.com

現在26歳となっているものの、「私はかつて自分の人生に起きていることについて本当に悲しく、失望していました」と語っており、ネパールの農家の娘である彼女を売春宿に売ったのはなんと彼女自身の家族。視覚障害の彼女の母親は、Geetaがネパールの衣料品会社で仕事を得ているだろうと信じ込んでいました。しかし実際には「私がいた売春宿では……たくさんのお客が毎日来ていました。オーナーは罵ることで私たちを虐待しており、もし言うことに従わなければワイヤーや棒や熱したスプーンで殴られました」と語っているような場所に売られてしまっており、9歳から14歳までそのようなことが続き、14歳の時に警察によって救助され、Koiralaさんが運営するセーフハウスに収用されることになったそうです。

右にいるのがAnuradha Koiralaさん、61歳


何千ものネパールの性売買犠牲者を16年にわたって救ってきたKoiralaさんいわく、「家族は終始騙されます。少女の売買は、少女はよい仕事を得ていると伝えることによって行われ、勧誘している者たちは基本的に本当のことを知っています。そして、それはかなり儲かるビジネスなのです」とのこと。

米国国務省によれば、約1万人から1万5000人の女性および少女がネパールからインドへ取引され、性的に毎年搾取され続けているそうです。

このサイトで危険度を示すマップが公開されており、マップの赤い場所が性売買の危険が非常に高いとされているエリアです。


また、Koiralaさんによると、売春宿から救出した少女たちのほとんどは手ぶらで何も持っておらず、病気にかかっており、さらに妊娠しているケースや既に子どもがいるケースも多く、そして「精神的に壊れてしまっている」場合もあるとのこと。Koiralaさんいわく、「少女が最初にこのグループに来た時、私は決して、決して何も問いただしたりはしません。まず私たちは彼女たちが必要とする間はずっと側に居続けます。それから私たちは彼女たちと遊んだり、踊ったり、散歩したり、友達といっしょに話したりします。彼女たちは最初、非常に怯えて怖がっています。しかしやがて、彼女たちは彼女たち自身のことを私たちに話してくれるようになります」とのことです。

Koiralaさんのグループはさらに、レイプされた少女や家庭内暴力を受けた少女、育児放棄された子どもたちの面倒も見ています。Koiralaさんは「私は誰に対してもノーとは言いません。誰でも歓迎します」と断言しています。このグループ「Maiti Nepal」は400人近い女性や子どもたちを常に収容しており、教師、カウンセラーおよび医療関係者といったスタッフや多数の二段ベッドなどを必要としています。現在のスタッフのほとんどはかつて売春宿などに売られて売春を強制的に行わされていた少女たちで、今はほかの少女たちを助けるために働いています。資金は世界各地からの補助金および寄付金によってまかなわれており、医療、心理学・法的な助言、正式な裁判や刑事訴追などもすべて無料で提供しています。

さらに救出された少女たちのうち何人かは彼らの家族の元に戻ることができますが、大部分は家族のいるところや家族のいた村などのコミュニティーに戻ることができません。なぜなら、HIV/AIDSおよび他の性感染症を患っており、それによって社会的に非難されるようになるためです。こういった少女たちにとってこのグループ「Maiti Nepal」が最後のホームとなります。「私にとって最もつらいのは、本来は外で楽しく遊んでいるような年齢である少女たちが末期患者を収容するホスピスで最期を迎えることです」とKoiralaさんは語っています。「しかし、それはより熱心に働くために私に活力を与えるものでもあります」とも言っています。

Koiralaさんたちのグループは田舎の村や都市のスラム街に住んでいる家族に対して性売買の危険を教育し、インドとネパールの国境沿いに沿った地点を毎日パトロールしてうまく成功している時には1日に平均4人のネパール人の少女を救っています。中には村に戻るべき場所がないため、ずっと売春婦でいることを選ぶ者もいますが、「Maiti Nepal」によって救出されたものの中ではただの一人もそのまま路上生活者になったりしたケースはないとしています。

なお、最初に出てきたGeetaという名の少女は今では26歳になっており、「Maiti Nepal」で働き、性売買の危険を教育するキャンプに所属、「Koiralaさんは私にとってヒーローです。彼女は勇敢です。彼女は私に私の信念を取り戻させてくれました。もしMaiti Nepalがなければ、私は今頃死んでいたでしょう」と語っています。

2010/05/02 11:51追記
日本でもこういったことに対する活動を行っている団体は存在しており、以下の「ラリグラス・ジャパン」は「ネパールとインドの少女売買春・人身売買の廃絶を提唱し、HIV感染者/AIDS発症者の支援や、障害をもつ女性や子どもをサポートする国際協力NGO」だそうです。

ラリグラス・ジャパン/ネパールの女性と子どもたちの未来のために
http://www.laligurans.org/index.html

・関連記事
51才の男性にレイプされた16才の少女が死刑 - GIGAZINE

自由や人権、貧困、暴力などについて訴える過激な広告いろいろ - GIGAZINE

レイプ犯のペニスに鋭いトゲが歯のように突き刺さるアンチレイプコンドーム「Rape-aXe」 - GIGAZINE

刑務所や売春宿の室内を真上から撮影した、部屋の持つストーリーが見えてくる写真いろいろ - GIGAZINE

10代の少女への性的暴行で懲役が4060年に - GIGAZINE

レイプの被害者なのに投獄されるアフガニスタンの女性たち - GIGAZINE

レイプ被害者の母親が報復のため犯人を焼き殺す - GIGAZINE

レイプされそうになった姉を守って死んだ7歳の少年に勲章が授与される - GIGAZINE

女性美容師が強盗を店の地下室に閉じこめ数日間レイプする - GIGAZINE

in メモ,   Posted by darkhorse