取材

Amazon.co.jpと真っ向勝負か、楽天が全国で当日配送するために拠点整備へ


大手通販サイト「Amazon.co.jp」が関東や関西圏で注文した当日に荷物が届く配送サービス「お急ぎ便」を実施していますが、なんと楽天が全国規模で当日配送サービスを展開する予定であることが明らかになりました。

楽天が全国各地に自社の物流センターを整備するというもので、これにより都市部だけでなく、地方に住むユーザーの利便性も格段にアップすることになりそうです。また、この件について楽天に電話で問い合わせてみました。

詳細は以下から。
楽天:物流拠点整備、消費者利便性へ全国で即日配送を可能に-日経 - Bloomberg.co.jp

ホットストック:楽天<4755.Q>は3日続伸でも上昇限定的、物流拠点整備の効果は読みにくいとの声 | マネーニュース | 株式市場 | Reuters

Bloombergやロイター通信社の報道によると、日本経済新聞社が本日4月30日付け朝刊で楽天が自ら物流拠点の整備に乗り出すことを報じたそうです。

これは1つの拠点あたり約数十億円を投資し、3年以内に全国5ヵ所以上に大規模な物流センターを開設するというもので、従来のサーバーだけを持ち、出店企業を束ねるという事業モデルを転換し、自社で物流インフラを整備することでユーザーの利便性を高めるというもの。

そして物流センターの整備を今年の秋から始め、年内にも当日配送サービスが開始されるとのこと。なお、この件について編集部で楽天の広報に電話で問い合わせてみたところ、「現在担当者が不在である」という回答でした。

・関連記事
あらゆる通販サイトからApple製品が次々と消滅、いったい何が起こっているのか - GIGAZINE

巨大通販サイト「Amazon.co.jp」を支える国内最大級の物流センター「アマゾン堺FC」を見てきた - GIGAZINE

メーカーの「信者」は本当にいるのか?成長著しい「価格.com」を運営するカカクコム社でいろいろ聞いてきた - GIGAZINE

Amazon.co.jp、購入金額に関係なく送料が無料になるキャンペーンを延長 - GIGAZINE

締結した小売店以外、Apple製品を販売できない「Authorized Japan Apple Reseller契約」とは? - GIGAZINE

in 取材,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log