ボーイズラブ雑誌8冊を含む雑誌11冊が正式に「有害図書」として指定される


先日、男性同士の同性愛を題材とした女性向けの小説や漫画のジャンル「ボーイズラブ(BL)」を専門に扱った雑誌が大阪府で「有害図書」に指定され、18禁未満への販売や閲覧が禁止されることをお伝えしましたが、本日正式発表が行われました。

「有害図書」として指定されたのはボーイズラブ雑誌8冊を含む、計11冊の雑誌となっており、誌名も公表されています。

※14:53に各雑誌へのリンクを追加しました。

詳細は以下から。
大阪府青少年健全育成条例第13条第1項の規定による有害な図書類の指定について | 大阪府/報道発表資料

大阪府の報道発表によると、青少年の性的感情を著しく刺激し、青少年の健全な成長を阻害するもので、大阪府青少年健全育成条例施行規則(昭和59年大阪府規則第78号)第4条第1項で定める基準に該当するものと認められたとして、以下の11冊が「有害図書」として指定され、一般図書と区分した陳列を義務づけされるそうです。

・Young Love Comic aya(宙出版)



・絶対恋愛Sweet(笠倉出版社)



・drap(コアマガジン)



・Boy'S LOVE(ジュネット)



・BOY'Sピアス(ジュネット)



(※参考リンク)・恋愛美人if(セブン新社)



・麗人(竹書房)



・Chara Selection(徳間書店)



・Daria(フロンティアワークス)



・ボーイズキャピ!(芳文社)



・JUNK!BOY(リブレ出版)


詳細は以下のリンクに掲載されています。

(PDFファイル)大阪府青少年健全育成審議会から青少年に有害な図書類として答申されたもの

・関連記事
リーマン・ブラザーズ前で生中継中、乱入してきた男性同士がえらいことに - GIGAZINE

バンコラン少佐が現実に?英国情報局が同性愛者のエージェントを募集中 - GIGAZINE

NHKの中学生日記で「腐女子」がテーマに - GIGAZINE

「マリア様がみてる」のスピンオフ作品、「お釈迦様もみてる」が登場 - GIGAZINE

市民公園でのセックスが合法化、ゲイ同士でも問題なしに - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log