取材

広島にオープンした「モスド1号店」で店舗限定の新メニューを食べてきた


2008年にモスバーガーとミスタードーナツが業務提携し、その成果の一つとして2009年にお互いの店舗でコラボメニューを販売しましたが、ついにモスとミスドが1つになった「モスド」のお店が誕生することになりました。

1号店はイオンモール広島府中ソレイユにあるとのことだったので、さっそく広島まで行ってきました。

詳細は以下から。
ジャスコのほか、映画館「広島バルト11」や200を越える専門店がテナントとして入っているイオンモール広島府中ソレイユ。


自家用車での来店はもちろん、バスでの来客も多く、帰りのシャトルバスには行列が。


そんなショッピングモールの一角にオープンしたモスド1号店。かなりの行列です。


日本初の「ハンバーガーとドーナツを一緒に注文できるお店」。


メニューはこんな感じ。モスのバーガー1つとミスドのドーナツ1つ、そしてドリンクがセットになった「モスドSet」が580円。


セットの場合はどちらのカウンターでも注文できますが、単品の場合はレジの都合か、それぞれの担当側のカウンターに行く必要があります。たとえば、モスのミモザサラダとドーナツパフェをそれぞれ単品で食べたい場合はサラダをモスのレジで、ドーナツパフェをミスドのレジで購入します。


ここのモスバーガーではミスドのポイントカードにポイントが貯められるほか、ミスドクラブ100ポイントをモスバーガーの100円クーポンに交換することもできます。クーポンはこのお店でのみ使用可能なもの。


ドーナツだけではなくパフェなどのメニューも提供しているため、ミスド側はどうしても混雑しがちでした。


ハンバーガー好きでドーナツも好きだという人にとってこのお店は「大好物が、たくさんある人は幸せです」という言葉を実現するものですね。


というわけで、このお店だけの新メニューを注文してみました。


モスバーガーの新商品は「モスのミモザサラダ」(320円)と「具だくさんミネストローネ」(320円)。これらはモスドSetで注文することも可能。


大きめのカップに入ったサラダにはトマトや揚げレンコン、タマゴ、レタスなどが入っています。どうしてもファストフードでは野菜を摂る機会が少なくなるので、それを補えるメニューです。


ミネストローネにはファルファッレ(蝶々の形をしたパスタ)が入っています。バーガーはいらないけれど、何かランチが食べたいという時にちょうどいいかも。


ドーナツパフェは3種類、ラズベリー、アップル、チョコ。それぞれ262円。なお、パフェということもあって持ち帰りはできません。


ドーナツの上にアイスが乗っかっているようです。


アイスが溶けている……と思ったら、あたたかいドーナツの上に冷たいアイスを乗せたものでした。ラズベリーの酸味はバニラアイスとよく合います。


アップルはりんごジャムをどさっと乗せた感じ。


オーソドックスなチョコ。温度差でより甘味が際立っている感じがします。


広島だからなのか、もみじまんじゅう風ドーナツ「もみド」。


左からあんこ(115円)、カスター(126円)、りんご(126円)。


あんこはドーナツ形になったもみじまんじゅうの味わい。お土産として売られていてもなんらおかしくありません。


カカオパウダーがまぶされたカスターは食べるときに注意が必要。カスタード入りのもみじまんじゅうもあるのでコレはアリですが、パウダーはいらなかったかも。


りんごはかなりジャムっぽい酸味の強めな味。一番ミスドっぽいといえばミスドっぽいかもしれません。


広島のお店は1号店ということで、今後は東京や大阪、名古屋、福岡などにも展開されていくのかもしれません。ちなみに、モスド自体もかなりの行列でしたが、イオンモールからの出庫もかなりの行列……。土日に行く場合は公共交通機関の方がイイかもしれません。


この日はそれぞれの店舗で500円以上購入時にカップがもらえました。


左がミスドで500円以上購入時にもらえるマグカップ、右がモスで500円以上購入時にもらえるコーヒーカップ。


反対側もデザインは同じ。


モスドのロゴ入り。


モスドのお店は今のところ広島にしかないので、広島以外でこのカップを持っている人がいたらよほどのモス&ミスド好きと見てよさそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ついに本日発売、ミニチュアっぽい「ドーナツバーガー」と「ポテド」を食べてきました - GIGAZINE

パティがドーナツ状になっているモスバーガー「ドーナツバーガー わさびソース」試食レビュー - GIGAZINE

モスド第2弾「ドーナツバーガー」、モスバーガーとミスタードーナツのそれぞれの商品を比較してみた - GIGAZINE

in 取材,   試食, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.