×
取材

拡張現実の仙石原中学校校庭に全長80mのヱヴァ初号機が出現したのでiPhoneで撮影してみた


4月23日からローソン仙石原店がヱヴァンゲリヲン仕様で埋め尽くされた「第3新東京市店」になっているわけですが、それらの総仕上げのような形で、近くにある旧・仙石原中学校の校庭に全長80mのヱヴァ初号機が出現しています。

…といっても、AR(拡張現実)での話で、iPhoneアプリを使って見る形です。しかし、実物ではないとはいえ、その迫力はなかなかのもの。思わず周囲をうろうろ歩いていろんな角度からヱヴァを撮影してしまいました。

詳細は以下から。
舞台となった箱根町立仙石原中学校。すでに廃校になっており、現在は箱根町の管轄になっています。


正面側に第壱入口が設けられていました。時間は11時~16時で、最終入場は15時30分。


校舎正面が駐車場になっています。ちなみに、エヴァ作中に出てきた第3新東京市立第壱中学校の場所はここではなくて、仙石原小学校のあたりになるようです。


廃校になったといっても、生徒がいない以外は普通の中学校とまったく同じ。


箱根湿生花園に近い側に第弐入口が設けられています。二輪車はこちらに止めるように案内されます。


今回のAR初号機を楽しむためにはiPhone(3G/3GS)にAppStoreから「ローソンAR」アプリをダウンロードしておく必要があります。また、iPhone以外の人は携帯電話でQRコードを読むことでどんな感じなのか体験することができます。


初号機への順路。


初号機が居るのはココ、中学校の校庭です。


現実には何かいるわけではありません。


しかし、アプリを起動してiPhoneをかざすと……


初号機が出現。


ちょっと角度を変えるとその猫背っぷりがよくわかります。


単純に「校庭にエヴァのイラストが浮かんでいる」わけではなく、ちゃんと横に移動すると横からの絵になります。


ほぼ背後にまわったところ。


目には見えていませんが、間違いなくそこには初号機が。


ど迫力の正面。


この日は雨だったためグラウンドへの立ち入りが制限されていましたが、晴れだと自由自在にあちこちから初号機を見られるはずです。次の初号機出現は月曜日、iPhone片手に箱根を訪れてみてはいかがでしょうか。


追記:
あまりにも来訪者が多く、混乱が避けられないためARエヴァンゲリオン出現プロジェクトとローソン箱根仙石原店ジャック企画(ローソン第3新東京市店)は25日16時で終了したそうです。なお、27日からのタイアップ商品販売などのキャンペーンについては予定通り行われるとのこと。

・関連記事
店の外も中もヱヴァだらけ、箱根のローソンがヱヴァンゲリヲン仕様の「第3新東京市店」になって登場 - GIGAZINE

エントリープラグ型タブレットや初号機と零号機ヘッドのガムポッドなど、ヱヴァタイアップ商品のお菓子いろいろ - GIGAZINE

飲んだらポカポカしそうな「シンジ君のおみそ汁」などエヴァタイアップのインスタント食品3種類試食レビュー - GIGAZINE

からあげクンや菓子パンともコラボ、「アスカの特製チョココロネ」「レイの特製いちごジャムパン」など朝っぽいエヴァタイアップメニューいろいろ - GIGAZINE

UCCの缶コーヒーを持ったレイ・アスカ・マリの特製フィギュア付き缶コーヒー - GIGAZINE

ローソンでヱヴァ関連商品を買うともらえる新バージョン箱根補完マップとクリアファイル - GIGAZINE

in 取材,   映画,   アニメ, Posted by logc_nt