沈黙シリーズで有名なスティーヴン・セガール、元モデルの下着の中に手を突っ込むなど「性のおもちゃ扱い」してセクハラで訴えられる


TMZ.comのスクープ報道によると、沈黙シリーズで有名なあのスティーヴン・セガールが元モデルの女性で23歳のKayden Nguyenさんを自分のスタッフとして雇った際に性的暴行に近いセクハラを行い、結果、100万ドルの賠償金を求めて訴えられたことが明らかになりました。

彼には24時間365日、いつでも好きな時に性的奉仕を行わせるための専属のロシア人女性が二人いたことも訴状には赤裸々に書かれており、にわかには信じがたい内容となっています。

セクハラの詳細は以下から。
Steven Seagal Sued for Sexual Assault,Trafficking | TMZ.com

訴状によると、この元モデルのKayden Nguyenさんは昨年2月にスティーヴン・セガールと3日間連続で面接を行い、近日中に辞める社員の代わりにエグゼクティブ・アシスタントとして雇われたとのこと。3日目にスティーヴン・セガールは彼女に対して「今から「Steven Segal Lawman」という番組のためにテレビクルーと一緒にニューオーリンズへ自家用飛行機で行くので、走って家に戻って準備をしなさい」と言い、彼女はその言葉に従って荷物を用意して飛行機に乗り込んだとのこと。

ところがニューオーリンズに到着してわかったこととして、スティーヴン・セガールは性的欲求を満たすために二人のロシア人女性を雇っており、彼に性的奉仕をさせるために週7日・1日24時間、ずっと付き添わせていたが、この二人のうちの一人が辞めたため、その穴を埋めるためにKayden Nguyenさんが雇われた、というわけです。

Kayden Nguyenさんが仕事を始めたその最初の日の夜、スティーヴン・セガールは彼女に「マッサージ」をするように要求、彼女を「大人のおもちゃ」として扱ったとのこと。スティーヴン・セガールは彼女のスカートの中に手を入れ、彼の胸に彼女の頭を押しつけたり、さらに乳房を愛撫し、そして彼女のパンツの中にまで手を入れてきたそうです。この際にスティーヴン・セガールは彼女に対して「このことは秘密にして誰にも言うな……」と言われたとのこと。

彼女は翌日、この件に関して苦情を伝えたものの、まったく何も変化はなかったとのこと。それどころか、今度は彼女の足を持ち、彼の手を下着の中に入れて、彼女の膣を触ってきたとのこと。膣を触る行為はそのまま続けられ、彼女が非常に大声ですすり泣くまで止まらなかったそうです。さらにスティーヴン・セガールは彼女に違法な薬物を摂取させたとのこと。さらにその数時間後に3回目のセクハラが始まり、スティーヴン・セガールは彼女のブラウスを強制的に脱がせ、彼女のあらわになった乳房に顔を押しつけ、彼女の乳房と乳首を触ってきたそうで、その行為は彼女が走って逃げ出すまで続いたそうです。

ちなみに、これがKayden Nguyenさんです。


なお、スティーヴン・セガール側からのコメントは現時点ではまだ何も出されておらず、沈黙を守っています。

・関連記事
これさえ貼っておけばどんな敵が来ても大丈夫かもしれない、歴代セガール作品のビジュアルを使用した特製ポスター - GIGAZINE

男は年間で5000回近くスケベなことを考えている - GIGAZINE

夜の営みが「6倍長持ち」するスプレー、2年以内にも発売される見通し - GIGAZINE

ボタンを押すだけで女性に性的快感をもたらす謎の装置「Slightest Touch」 - GIGAZINE

10代の少女への性的暴行で懲役が4060年に - GIGAZINE

「異常性欲大学」と勘違い、近畿大学が英語表記の変更を検討 - GIGAZINE

0

in メモ,   Posted by darkhorse