取材

とろーりなめらかなプリンが1個なんと12円で完成、超絶お得なバイキング用プリンミックス


「黄金のたれ」でおなじみの日本食研のブースで、業務用のプリンミックスなどのデザート材料がずらりと展示されていました。

いつかどこかで見たようなプリンが牛乳の原価を含めても1個あたり12円で作ることが可能ということで、プリンをたらふく、それこそバケツやたらいに入ったものでも食べてみたいというプリン狂にはたまらない逸品となっていました。

詳細は以下から。日本食研 商品情報 │ 業務用商品

このミックスと牛乳だけで、プリンや杏仁豆腐が誰にでも作れてしまうということです。


きれいに並べるとこんな感じ。上等なケーキバイキングのような雰囲気。


日本食研と言えばインパクトの強いこのキャラクター・バンコを想像する人も多いかもしれません。TVCMでいろいろとはっちゃけていたバンコがスイーツを見つめているだけで、今にも暴れ出しそうな気がしてしまいます。


こちらは「黒糖葛餅の素 500g」。素を使うことで得られるメリットが分かりやすく書いてあります。


「なめらかプリン」は材料の牛乳の値段も含め、なんと1個あたり原価が12円ということです。ちなみに牛乳の価格は1リットル200円で試算しているとのことで、業務用牛乳などの安価なものでチートしているわけではないそうなのでさらに驚き。


コンビニで買えるような市販のプリンが大体100グラム前後の内容量で価格は100円~200円くらいなので、比較するとお得なのがよく分かります。試食させてもらったところ、いわゆるゼリーっぽい固まり方ではなく、とろーりとしていて食べ応えのある食感でした。たまごの風味が少しインスタントっぽいような気もしましたが、逆に言うとそれ以外は全く気にならず、ケーキバイキングで出されていたらぱくぱく行ってしまいそうなものに仕上がっていました。


30グラムといっても、外食のランチにでてくるデザートくらいの大きさがあります。食後のデザートとしては十分満足できる量。


ほかにも黒糖葛餅は30グラム9円、杏仁豆腐は14円とリーズナブルどころの騒ぎではない原価です。牛乳を使わない分、葛餅の方が安くできるようです。


その場でどんどんプリンが量産されていました。プリンミックス 500gをはじめとしたデザート材料などが楽天市場にて市販されているので、プリンをとことん食らいつくしたい人はチャレンジしてみてもいいかもしれません。

・関連記事
第13回 FABEX 2010開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「パンに塗るプリン」として有名な青華堂「ミルキーゴールド」を他のプリンと食べ比べてみた - GIGAZINE

オリジナル美少女イラスト入りで数量限定マウスパッドのついた萌えプリン「ミルキーゴールド」レビュー - GIGAZINE

市販では最大級のプリン「うれしいプリン 480」試食レビュー - GIGAZINE

意外なまでのプリン風味が広がる新発売の「豆乳飲料プリン」を飲んでみました - GIGAZINE

in 取材,   試食, Posted by darkhorse_log