日本郵便が「エクスパック500」を終了、より安価で便利な「レターパック」を開始へ


500円で販売されている専用封筒に衣類や書籍など、信書(手紙や契約書など)以外のなんでも好きなものを詰めてポストに投函(とうかん)するだけで日本全国一律料金で発送できるほか、配達先に対面で届けることや追跡サービスの利用もできる非常に便利な「エクスパック500」が3月31日(水)をもって終了することが明らかになりました。

そして代わりにより安価で便利な「レターパック」が登場するそうです。

詳細は以下から。
レターパック 信書も荷物も大丈夫! - 日本郵便


日本郵便の公式ページによると、2010年4月1日(木)から従来の「エクスパック500」に代わって「レターパック500」「レターパック350」の2種類を全国の事業所および一部を除く切手類販売所で販売するそうです。「レターパック」は従来の「エクスパック」とは異なり、A4サイズで4kgまでであれば、荷物だけでなく信書も送ることができるようになるとのこと。

「レターパック500」「レターパック350」の違いはこんな感じ。厚さ3cmまでという条件や対面受け渡しの有無という違いがあるものの、追跡サービスや出し方、全国一律料金といった点については共通となっています。


つまり荷物の厚さや対面受け渡しの要・不要といった状況に応じてレターパックを使い分けることで、従来よりもリーズナブルに荷物を送ることができるようになる上に、さらに手紙などの信書を同梱できるため、今まで以上に使い勝手が向上するということのようです。

・関連記事
宅配業者が荷物を全部投げ降ろす、もはや理解の域を超えた戦慄のムービー - GIGAZINE

空港のX線検査で荷物の中からチワワを発見 - GIGAZINE

ケーブル1本だけ頼んだら巨大ダンボールで梱包されて届いた - GIGAZINE

フォークリフトの荷物をぶつけて巨大な棚を崩壊させてしまい危機一髪になるムービー - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log