ゲーム

任天堂、3Dに対応したニンテンドーDSの後継機「ニンテンドー3DS(スリーディーエス)」を2011年3月期に発売へ

by FHKE

任天堂がニンテンドーDSの後継機で、3Dに対応した「ニンテンドー3DS(スリーディーエス)」を2011年3月期に発売する予定であることが明らかになりました。

ニンテンドーDSは2009年12月末までの販売台数が1億2500万台という大ヒット携帯ゲーム機ですが、この後継機ではなんと裸眼で3D映像が楽しめるようになるそうです。

詳細は以下から。
(PDFファイル)新携帯ゲーム機の発売に関して


任天堂によると、「ニンテンドー3DS」は2011年3月期発売。裸眼により3D映像が楽しめる、ニンテンドーDSの後継機になるそうです。もちろん、DSiを含むニンテンドーDSシリーズ用ソフトも楽しめるよう互換機能を有しているため、今持っているDSの資産も引き続き使用できそうです。

その他の詳細については6月15日からロサンゼルスで開催されるE3で発表されるそうです。

2009年10月の段階では次世代「ニンテンドーDS」はHD動画や高画質なゲームにも対応した「Tegraプロセッサ」を搭載する(ニンテンドーDS2(仮))という話がありましたが、コレと3DSはまた別の話なのでしょうか……。ちなみに「裸眼で3D映像が楽しめる」というのは新しいゲームだけではなく、過去のゲームも3Dで楽しめるようになるということなのでしょうか。かなり気になるところです。

・関連記事
特殊なメガネは不要の「インテグラル立体テレビ」をNHKの技研公開2009で体験してきました - GIGAZINE

裸眼で立体映像を楽しむことが可能な世界初の立体3Dデジタルカメラ「FinePix Real3D」の実機を触ってきました - GIGAZINE

普通のハイビジョン番組も3D映像に変換して楽しめる「3D BRAVIA」登場、6月から発売予定 - GIGAZINE

パナソニック、世界初となるフルハイビジョン3D対応の最高画質テレビ「3D VIERA」を発売へ - GIGAZINE

東芝、携帯電話で地デジ視聴を可能にするフルHDや3Dゲーム対応のLSI「T6G」を開発 - GIGAZINE

in ハードウェア,   ゲーム, Posted by logc_nt