auにGoogle製のハイエンドスマートフォン「Nexus One」が登場する可能性が浮上


KDDIが自社の携帯電話ブランド「au」向けにGoogleの携帯電話向けOS「Android」を搭載したモデルとマイクロソフトのWindows Mobileを搭載したモデルの2機種のスマートフォンを投入する予定であることが話題を集めましたが、なんとau向けにGoogleのハイエンドスマートフォン「Nexus One」が登場する可能性があることが明らかになりました。

通信方式の違いから、他社で提供されているスマートフォンを利用できなかったauですが、もし実現すれば1GHzで駆動するSnapdragonプロセッサや3.7インチワイドVGA(800×480)有機ELタッチパネル、LEDフラッシュ付きオートフォーカス対応500万画素カメラなどを搭載したハイエンド端末がお目見えすることになります。

詳細は以下から。
HTC shipping CDMA-version Nexus One to Verizon, says paper

この記事によると、Googleのスマートフォン「Nexus One」の製造を請け負っている大手スマートフォンメーカーのHTCが、今月中ないし4月の初旬にアメリカ最大となる加入者数を誇る携帯電話会社のベライゾン・ワイヤレスに対して「Nexus One」を供給する予定であることを中国の経済紙が明らかにしたそうです。

「Nexus One」は本来W-CDMAやGSM、EDGE方式と上位規格のHSDPAおよびHSUPA方式の通信方式に対応したモデルとなっていますが、ベライゾンに対してはauがサポートしている通信方式と同じ、CDMA2000 1xに対応したモデルになるとのこと。

あくまでauと同じ通信方式に対応した「Nexus One」が登場するというだけであって、au向けに登場することが確定したというわけではありませんが、CDMA2000 1x陣営の最大手であるベライゾンが「Nexus One」の導入に踏み切るのであれば、少なからずauにもなんらかの影響を与える可能性があると考えても良いのではないでしょうか。

・関連記事
Googleの「Nexus One」で一体何ができるのか徹底解説ムービー、iPhoneにないメリットも - GIGAZINE

KDDI、Googleの「Android」を採用したスマートフォンの開発に本腰 - GIGAZINE

東芝、QWERTYキーボードや大画面有機EL搭載のスライド式スマートフォン「K01」を発表 - GIGAZINE

ソニーがスマートフォン「Xperia X10 mini」と「Xperia X10 mini PRO」を正式発表、QWERTYキーボードも搭載 - GIGAZINE

0

in モバイル, Posted by darkhorse_log