将来的に時速300kmも想定、水を噴射して空を飛べるリュック型の装置「Jetlev Flyer」


以前にも紹介したリュックサックのように背負った装置から勢いよく水を噴射することでちょっとした飛行が楽しめる「Jetlev Flyer」で、水上を走るように飛行する様子などが映ったムービーをお届けします。水を供給するホースが必要なので、小型ロケットで自由な飛行ができる装置ほど自由な飛行は楽しめませんが、地上よりは比較的安全な水上で個人飛行が楽しめる装置となっています。

詳細は以下から。
Home - Jetlev Flyer

9年間の開発によって作られたこの「Jetlev Flyer」は、4ストロークエンジンによって空中飛行を実現。40~120kgの体重の人間を、1.5~2メートルの高さまで飛行させる機能があります。パイロットの体重やテクニックによって、最高10メートルの高さまで行くことができ、最高時速は65kmになるとのこと。

水の上を走っているような低空飛行。
YouTube - JetLev Promo



あお向けでも移動できます。


装置の見た目もかっこいい。


垂直に水を噴射して、これぐらいの高さまで行けます。


直感的なコントロールで飛行ができるようになっているそうですが、離陸時と着地時の操作は難しく、練習が必要になるとのこと。


スタントマンのRyan StockとAmberLynnが挑戦するムービー。ヘルメットもつけています。
YouTube - Ryan Stock & AmberLynn Test The JetLev Flyer



価格は215馬力バージョンが11万5000ユーロ(約1400万円)で、255馬力バージョンが12万9000ユーロ(約1560万円)。時速300kmまで速度を上げたり、水中でも移動できるような特別アプリケーションも現在開発中となっています。

・関連記事
小型ロケット付きの翼を背負って、空を飛ぶジェットマン - GIGAZINE

地上と同じように歩ける水上歩行装置 - GIGAZINE

まさにロマン飛行、SF作家監修の下に実体化された「空飛ぶパンツ」がワンフェス会場で登場 - GIGAZINE

ローンチェアに105個の風船をつけ、300km飛行することに成功 - GIGAZINE

家庭の掃除機で壁を登れるスパイダーマン装置が開発される - GIGAZINE

DIYでホバークラフト - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse_log