取材

ケーキをがっつりシート単位で買える夢の商品「Sheet Cake 35」「Sheet Cake 54」


ファミール製菓の業務用冷凍ケーキ「Sheet Cake 35」と「Sheet Cake 54」は、ケーキを一般的なホール単位ではなく、シート単位で販売しているものです。

バイキングのデザートなどに使われているこのシートケーキは、実はネット通販で個人でも1シート1580円から購入することが可能。ホテルのバイキングなどですぐに使えるようにカットされた状態で売られているため、カットする手間いらずとなっていて、片手でひょいひょい食べられる魔性のアイテムとなっています。

ショートケーキやチョコケーキなどの定番以外にもいろいろある、シートケーキの種類一覧は以下から。
ファミール製菓株式会社:ケーキコレクション シート35

ずらりと並ぶ姿はまるで色とりどりのタイルのよう。ケーキシートという名はだてじゃありません。


まずは54個に細かくカットされた「Sheet Cake 54」から。これは表面にかかったピーチソースがアクセントの「クリーミーマンゴー」


マロンクリームを乗せたチョコレートスポンジに、ホイップクリームをサンドした「マロンショコラ」


「ホワイト」という名前からはちょっと味の想像がつきませんが、いちごの果肉入りホイップクリームをサンドしたシンプルな一品です。


沖縄らしさ全開の変わり種「黒糖シークワーサー」。


春夏限定の「キャラメル」は、キャラメルクリームをチョコレートスポンジでサンドしたもの。個人的には通年発売していてほしい商品です。


スポンジもクリームもコーヒー風味の「モカ」


ふわっとしたレアチーズケーキの「クリームチーズ」。業務用だからか、全体的に名前がケーキの原料から取られていることが多いようです。


ちょっとビターなチョコスポンジとまろやかなチョコクリームが調和した「ショコラ」


「いちご」はドライストロベリーを表面に散らし、ホイップクリームを間に挟んで、ショートケーキをシートケーキの形式にのっとって再現してみたもののようです。


次はちょっとカット数が少なくて1個あたりが大粒になった「Sheet Cake 35」。これはどの年代の人にも広く受け入れられそうな「抹茶あずき」


スポンジにきちんとコーヒー風味がついた「ティラミス」


いちごのムースとゼリーのコンビネーションがさわやかな「ストロベリー」


「ストロベリー」の色違いといった感じの「オレンジムース」


大きめカットの「モカ」など、「Sheet Cake 54」にあった味も展開されています。


最後に、きれいに並べてショーケースに入れられたちょっとよそ行きのシートケーキ。


飲食店などでの活用例が展示されていました。デコレーションしてみたり、パフェにトッピングしてみたりいろいろ工夫して使えるようです。こちらのサイトから通販可能なので、ケーキを自宅に常備してみたい人は一度試してみてもいいかもしれません。

・関連記事
FOODEX JAPAN 2010開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「うご野いちごちゃん」のイチゴとロールケーキ試食レビュー - GIGAZINE

コンピュータばかりをいじっている人へ贈るバースデイケーキ - GIGAZINE

約500円で本格チョコレートケーキを作ってみる - GIGAZINE

in 取材,   , Posted by darkhorse_log