まさにロマン飛行、SF作家監修の下に実体化された「空飛ぶパンツ」がワンフェス会場で登場


アニメ「そらのおとしもの」の第2話「天翔ける虹色下着(ロマン)」で登場した「空飛ぶパンツ」。すさまじい光景とCG技術で視聴者を圧倒したこの「空飛ぶパンツ」がSF作家・野尻抱介さん監修の下、「オーニソプター」 と呼ばれる羽ばたきタイプの飛行機として実体化されました。さらに、クエスチョナーズによって商品化され、2010年3月6日(土)に販売予定なのですが、ワンダーフェスティバル2010[冬]の会場で飾られていたので、どんな物か撮影してきました。

詳細は以下から。
空飛ぶパンツ 株式会社クエスチョナーズ

展示されていたのは青縞バージョン。


翼を広げるロマンのかたまり。


下からのぞくと羽ばたき機構が見えます。


翼のフィルムはピンク縞、青水玉、ピンク水玉、青縞の全4種類。2種類(ピンク縞+青水玉 or ピンク水玉+青縞)ずつ1000円のセットとなっていて、会場では限定100セットが販売されました。


2010年3月6日に開催される空フェス!でも先行販売予定となっています。


ニコニコ動画では野尻抱介さんが制作した空飛ぶパンツが飛ぶ様子を見られるようになっています。
【そらのおとしもの】空飛ぶパンツのようなもの【実体化】‐ニコニコ動画(9)



YouTubeにあるムービーはこちら。
YouTube - 【そらのおとしもの】空飛ぶパンツのようなもの【実体化】

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2010[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

ワンダーフェスティバル 2009[夏]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

ワンダーフェスティバル2008[夏]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

in 取材,   動画,   メモ, Posted by darkhorse_log