NASAとゼネラル・モーターズがロボット宇宙飛行士開発において提携強化を発表


2009年に経営破綻に追い込まれたアメリカの自動車会社ゼネラル・モーターズ(GM)が、宇宙作業用の次世代ロボット「Robonaut2」の開発においてNASAと提携強化することを発表しました。自動車産業と宇宙産業の技術が取り入れられるということで、最終的にはとんでもないロボットなりそうな期待感があります。

ロボットの写真とムービーなど詳細は以下から。
Robonaut
http://robonaut.jsc.nasa.gov/


NASA - NASA, GM Take Giant Leap in Robotic Technology

NASAとGMが協力開発するのは人間と一緒に作業できるような人型ロボット。オリジナルとなるRobonaut1は10年前に宇宙旅行のために開発されたものでしたが、Robonaut2は宇宙空間での人間のサポートのほか、GMの自動車製造などにも使えるようにする目的もあるそうです。

いかにもロボットっぽい金属質な顔。


拳法でも使いそうなポーズ。


道具を持つRobonaut2。


ちなみにRobonaut1はこんな感じ。


NASAの探査システムミッション部門のDoug Cookeさんは「この最先端のロボット技術はNASAだけではなく国にも貢献する」と話し、GMの研究開発部門のAlan Taubさんは「NASAと協力して作るロボットは、よりよい車と競争力のある製造環境につながる」と話しています。

20ポンド(約9kg)のダンベルを持ち上げて保持できる腕。


他の器用な作業のできるロボットと比べて約4倍の力なのだそうです。


指がウネウネ動く様子などが見られるムービー。
YouTube - NASA and GM Take a Giant Leap Forward in Robotics



NASAとGMは1960年のアポロ計画で航法システムを協力して開発したことや、月面自動車の開発に関わったこともあり、技術協力においては長い歴史がありますが、Robonaut2は今後どのように仕上がっていくのでしょうか。

・関連記事
81歳のおじいちゃんが殺人ロボットを作って自殺 - GIGAZINE

「乗れるロボットが作りたい」、スコープドッグを作り出した鉄アーティスト・倉田光吾郎さんにインタビューしてきました - GIGAZINE

日本人女性型ロボット「HRP-4C 未夢(ミーム)」が感情表現する様子のムービー - GIGAZINE

超精密かつ力強い、機能美あふれるロボット達の画像集 - GIGAZINE

in サイエンス,   動画, Posted by darkhorse_log