【訃報】「ライ麦畑でつかまえて」などで知られる小説家のJ.D.サリンジャー氏が死去


1951年に発売されて以来、若者を中心に支持を集め、全世界で6000万部を超える売り上げを誇る代表作「ライ麦畑でつかまえて」や「ナイン・ストーリーズ」などで知られる小説家のJ.D.サリンジャー氏が亡くなったことが明らかになりました。

なお、サリンジャー氏の作品は日本のサブカルチャーにも影響を与えています。

詳細は以下から。
時事ドットコム:米作家サリンジャー氏死去=「ライ麦畑でつかまえて」

asahi.com(朝日新聞社):米作家・サリンジャー氏死去 「ライ麦畑でつかまえて」 - おくやみ・訃報

「ライ麦畑でつかまえて」サリンジャー氏死去 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

時事通信社や朝日新聞社、読売新聞社の報道によると、「ライ麦畑でつかまえて」などで知られるJ.D.サリンジャー(Jerome David Salinger)氏がアメリカのニューハンプシャー州の自宅で1月27日に老衰のために91歳で亡くなったそうです。

これがサリンジャー氏
J. D. Salinger - Wikipedia, the free encyclopedia


サリンジャー氏は「ライ麦畑でつかまえて」以外にも短編集「ナイン・ストーリーズ(1953年)」や「フラニーとゾーイー(1961年)」などを発表していますが、1965年以降は新刊を出さずに沈黙を守っていたとのこと。

「ライ麦畑でつかまえて」の初版本の表紙。日本版とはまったく異なります
The Catcher in the Rye - Wikipedia, the free encyclopedia


こちらは「ナイン・ストーリーズ」の初版本の表紙です
Nine Stories (Salinger) - Wikipedia, the free encyclopedia


ちなみに「ライ麦畑でつかまえて」は平成14年度文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門優秀賞を受賞するなどしたアニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の劇中で引用されているほか、ストーリーの中核となる部分に大きく影響を与えています。

また、短編集「ナイン・ストーリーズ」に収録されている「バナナフィッシュにうってつけの日」は、日本の漫画史上に残る名作の1つとされる漫画で、1985年~1994年にかけて連載された吉田秋生原作の「BANANA FISH」に影響を与えるなど、サリンジャー氏の作品は日本のサブカルチャーにとっても大きな存在であったことが分かります。

・関連記事
ついに「攻殻機動隊」がハリウッドで実写映画化へ - GIGAZINE

事故で片目を失った女性、義眼として小型カメラを搭載してくれるエンジニアを募集 - GIGAZINE

攻殻機動隊の「義体化」へ一歩前進、脳細胞でコンピューター回路を作成することに成功 - GIGAZINE

ドズル・ザビやロビンマスクで有名な声優の郷里大輔さんが死去、自殺の疑いも - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log