取材

KDDIが基本使用料が390円になる「ガンガン学割」を開始へ、家族も対象に


2000年11月に業界で初めて基本使用料が半額になる学生向けに「ガク割」を開始したKDDIの携帯電話ブランド「au」が、新たに学生向けに基本使用料が390円になる「ガンガン学割」を開始することが明らかになりました。

新規契約だけでなく既存の学生ユーザーも対象となるほか、学生だけでなく家族の月額基本使用料まで390円になるため、トータルでリーズナブルなプランとなっています。

詳細は以下から。
KDDIは2009年から通話やメールを対象としたリーズナブルなオプションプラン「ガンガン」シリーズを展開しています。こちらは8月に開始された月額390円で3件までの通話が24時間無料になる「ガンガントーク」


11月に開始された、あて先や添付ファイルの有無を問わずメールが定額になる「ガンガンメール


そして新たな学生向けキャンペーンが展開されます。


これが2月9日(火)から5月9日(日)にかけて展開される基本使用料が390円になる新キャンペーン「ガンガン学割」。内容はガンガンメールの料金プランである「プランEシンプル」の基本使用料780円が最大3年間半額の390円になるというもの。対象となるのは新規契約および現在auを利用中の学生で、さらに家族(新規契約が対象)も基本料金半額の対象に。


なお、基本使用料が390円になることによって、ガンガンメール単体での利用時はメールを利用するための「EZ WINコース(月額315円)」と合わせて合計月額705円、ガンガントークと合わせても月額1095円と、非常にリーズナブルです。


さらにコンテンツ面でも学生を支援


コンテンツが半額になる「YOUNG半額キャンペーン」


音楽やドラマ、電子書籍のプレゼントもあります。


・質疑応答
Q:2000年に「ガク割」を導入した結果、auは契約者を伸ばしましたが、数値目標はあるのでしょうか。このキャンペーンにともなう販売店への施策は?「auらしさ」を学生にどう訴求するのか

A:ガンガン学割の数値目標ですが、社内では設定しているものの、営業戦略上ご勘弁願いたいです。販売店への施策ですが、料金とサービスと商品の3つの相乗効果で勝てると思っているので、いろいろなものへチャレンジして、3月という最大の商戦期にユーザーに喜んでもらえるような訴求をしたい。

「auは元気がない」といわれてきたが、BIBLIOなどをはじめとした個性的な端によって、まず商品自体に「auらしさを出したい」と思っている。スポーツに特化したり料金プランに注力したり、電子書籍の普及に向かって頑張っていきたい。

Q:端末の販売価格についてはどうお考えでしょうか?

A:端末の価格につきましては代理店さんが決められますので、我々が決められるものではありません。今までよりも安く買えるようにしていきたい。「基本料金は安くなるけど携帯電話の端末が高くなった」という事態にはならないようにします。

Q:2月から受付ということだが、適用は何月分からになるのでしょうか。また、2月時点で学生でも4月から社会人の場合はどうなるのか?

A:翌月となる3月からです。4月から社会人でも適用されます。

・次の記事
auの「AQUOS SHOT SH006」実機レビュー、1200万画素カメラと無線LANを搭載したハイエンドモデル - GIGAZINE

・関連記事
KDDI、Googleの「Android」を採用したスマートフォンの開発に本腰 - GIGAZINE

下り最大40Mbpsを実現した「UQ WiMAX」のサービスエリア拡大が加速、屋内でも利用できるように整備へ - GIGAZINE

携帯電話の本当の意味での「買い時」は?後悔せずに携帯電話を買う方法 - GIGAZINE

携帯電話基地局の通信ケーブルが相次いで切断される事件が発生、NTTドコモやau、ソフトバンクモバイルが被害 - GIGAZINE

in 取材,   モバイル, Posted by darkhorse_log