メモ

あの夏の風物詩「鳥人間コンテスト」が不死鳥のごとく復活


広告収入の低下や地デジの設備投資などに伴う経費節減や安全対策にかかる費用のために2009年の開催が中止されてしまった「鳥人間コンテスト」が、不死鳥のごとく復活することが明らかになりました。

数多くの人が長い時間をかけて作った飛行機であるにもかかわらず、着水すると大破してしまうため、一抹のはかなさを感じることもある同大会ですが、今年はどのような熱い戦いが繰り広げられるのでしょうか。

詳細は以下から。
「第33回鳥人間コンテスト」出場希望者説明会のお知らせ


よみうりテレビの公式ページによると、「第33回鳥人間コンテスト」が2010年7月24日(土)と25日(日)にかけて実施される予定であるそうです。

第33回大会は「滑空機部門」「人力プロペラ機ディスタンス部門」の距離競技に、飛行時間を競う「人力プロペラ機タイムトライアル部門」を加えた3部門で実施されるとのこと。なお、大会の様子は後日放送される予定。

ちなみに以下の読売新聞社の報道によると、よみうりテレビには復活を望む声が多数寄せられたとされているほか、ホームページで参加を募ったところ、書類審査に85チームから応募があったそうです。

制作費難で休止、鳥人間コンテスト再開 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

・関連記事
「美人時計」がテレビ進出、深夜に美人が次々と出てきて時間を教えてくれる様子をチェックしてみた - GIGAZINE

かつて「なすび」が挑戦した電波少年的懸賞生活が復活、小島よしおのチャレンジが本日からネットでライブ配信 - GIGAZINE

原作者が亡くなったアニメ「クレヨンしんちゃん」、テレビ朝日が放送継続の方針 - GIGAZINE

行方不明の飼い猫が突然テレビの討論番組に乱入 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log