ソフトウェア

新機能も搭載、Windows 7のService Pack 1(SP1)は2010年9月ごろに登場する見通し


2009年10月22日に全世界で発売開始されたマイクロソフトの最新OS「Windows 7」ですが、Service Pack 1(SP1)が今年の9月ごろに登場する見通しであることが明らかになりました。

SP1ではバグの修正だけでなく、機能の追加も行われるようですが、はたしてどのような機能が搭載されるようになるのでしょうか。

詳細は以下から。
Windows 7 Service Pack 1 (SP1) Release Details

TechConnect Magazine - Windows 7 SP1 info, release date reported

これらの記事によると、マイクロソフトはWindows 7のセキュリティホールなどの不具合に対して公開された修正パッチをまとめただけでなく、新たな機能を搭載したService Pack 1を2010年の9月ごろにリリースする見通しだそうです。

気になるSP1の新機能ですが、Wi-FiスタックやBluetooth、USB3.0などに対応した新たなハードウェアをサポートするとのこと。ユーザーインターフェースに関しては大きな変更が加えられないとされており、多くのユーザーの目を引くような大型アップデートとはならないようです。

なお、9月にSP1の正式版をリリースするのに向けて、6月ごろにベータ版がテスター向けに公開される予定であることが、マイクロソフトの関係者によって明らかにされています。

・関連記事
マイクロソフト、高速化や表示品質を向上させた「Internet Explorer 9」を開発中 - GIGAZINE

「Windows 7」発売日にヨドバシAkibaにいた外国人の正体はLinux開発で有名なあのリーナスだった - GIGAZINE

食べても食べても肉の山、パティ7枚重ねのバーガーキング「Windows7 WHOPPER」試食レビュー - GIGAZINE

「涼宮ハルヒの憂鬱」などで有名ないとうのいぢ、深夜の大阪・日本橋でんでんタウンに見参 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by darkhorse_log