×
メモ

バチカンが秘密文書を公開、教皇からヒトラーへの手紙やミケランジェロからの督促状も


教皇庁の秘密文書保管所(Vatican Secret Archives)は17世紀にバチカン図書館から独立したもので、古いものでは1000年以上前までにさかのぼる大量の文書が保管されています。設立当初は教皇庁内部のごく限られた人々のみがこれらの秘密文書にアクセスできたのですが、1881年にレオ13世により一般の研究者にも公開され、今日では年間1000人ほどのバチカン外部の研究者が訪れます。

その秘密文書のうち105点の文書の複写が初めて本として出版され、その中には13世紀にチンギス・カンの孫グユクが教皇に服従を求めた書簡や、16世紀のスコットランド女王メアリーの嘆願書、サン・ピエトロ大聖堂(上の写真)を設計したミケランジェロが教皇庁に支払いを督促する手紙なども含まれるそうです。

詳細は以下から。Vatican reveals Secret Archives - Telegraph

Vatican Secret Archives

秘密文書保管所内部の様子。棚の総延長は84kmにもなるそうです。バチカン内の多くの建築物と同様、各部屋は壁画や天井画で飾られています。手前にあるのは1855年から1870年にかけて秘密文書保管所の長官を務めたAugustin Theiner司祭の胸像。


公式ホームページのバーチャルツアーでフレスコ画の詳細も見ることができます。


今回出版された本「Vatican Secret Archives」は初公開19点を含む105点の秘密文書の精密な複写を収めたもの。Amazon.co.jpでは現在品切れのようですが、Amazon.comでは約100ドル(約9千円)で販売されているようです。


本の中ではローマカトリック教会と科学者・芸術家・歴史的人物とのやりとりや、キリスト教圏の外との外交関係の記録が紹介されています。ガリレオの異端審問の記録のほか、エラスムスヴォルテールなどの思想家とのやりとりや、14歳のモーツァルトの才能に驚嘆したクレメンス14世により黄金拍車勲章(Order of the Golden Spur)が授与された際の記録なども含まれるそうです。

秘密文書の一部は秘密文書保管庫のホームページでも公開されています。

チンギス・カンの孫グユクが1246年に教皇インノケンティウス4世にあてた手紙。それ以前の教皇からの手紙へ対する返信で、グユクはキリスト教に改宗する意思はないとし、教皇本人とキリスト教の「王」たちが中央アジアにあるグユクの拠点まで旅し忠誠を誓うまでは、モンゴル帝国はバチカンを敵と見なすと表明しています。手紙の序文はトルコ語、本文はペルシャ語、日付はアラビア文字で書かれているそうです。



地動説を唱えたガリレオ・ガリレイが有罪判決を受けた後の1633年12月17日にFrancesco Barberiniに送った自筆の手紙。Francesco Barberiniは裁判の担当判事10名中有罪の判決文に署名しなかった3名のうち1人で、手紙を受けたBarberiniの介入によりガリレオの刑は無期刑から軟禁に減刑となったそうです。



1550年1月にミケランジェロチェゼーナ司教Cristoforo Spiritiにあてた自筆の手紙。ミケランジェロは1547年にパウルス3世によりサン・ピエトロ大聖堂(主ドームを含む増改築工事)の主任建築家に任命されたのですが、パウルス3世が1549年11月に亡くなったのち事業は経済的危機に直面しました。パトロンであり友人でもあったCristoforo Spiritiにあてた手紙の中でミケランジェロは「パウルスの死後、建築現場を警備する兵士たちは3ヶ月にわたり無給で、命を危険にさらして警備にあたっている。彼らは貧窮していて、給料が支払われなければ仕事を放棄すると脅している。そうなれば建設事業に多大な被害が出るだろうが、わたしには彼らに支払う金がない」と、支援を求めています。



今回出版された本には1530年にクレメンス7世にあてられたヘンリー8世キャサリン・オブ・アラゴンの離婚を認めるよう嘆願する手紙などの歴史的に重要で有名なものが収められているほか、オンタリオ州のインディアンオジブワ族が1887年にレオ13世に送った手紙などの興味深いものもピックアップされています。このオブジワ族からの手紙はシラカバの皮に書かれた非常に詩的なもので、日付は「花々の月」(5月)とされ、「大いなる祈りの導師」(教皇)へあてられ、「祈りの番人」(宣教師)の派遣に対する感謝の意を示しているそうです。

また、比較的最近の文書では1934年にピウス11世からアドルフ・ヒトラーにあてられた複数の手紙や、ピウス11世の後継者であり大戦中のナチスによるユダヤ人迫害への対応が批判されるピウス12世昭和天皇から受け取った手紙なども含まれるそうなので、日本人にとっても興味深い資料となっているかもしれません。

・関連記事
あの「死海文書」がNASAの技術で解読され、オンラインで公開へ - GIGAZINE

防弾ガラスで守られたローマ教皇の専用車「ポープモービル」 - GIGAZINE

エロマンガ島の食人部族の子孫、170年前に先祖が食べた宣教師の子孫に謝罪 - GIGAZINE

海王星は400年前にガリレオによって発見されていたかもしれない - GIGAZINE

ダ・ヴィンチの失われた大作が宮殿の壁の裏に隠されているかもしれない - GIGAZINE

演説上手で恐れ知らずの総統ヒトラーも歯医者だけは怖かった - GIGAZINE

神と悪魔が聖書内で殺した人間の数を比較 - GIGAZINE

中東5000年の歴史が90秒でわかりやすく見られるFlash - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log